Hammer's-Photo/日々雑観

New F-1と撮影散歩

b0106800_18512178.jpg
b0106800_1582468.jpg
b0106800_1584360.jpg
上)Panasonic FOMA P904i/New F-1と春の日だまり。
中下)Canon New F-1+NFD50/1.2L
FUJICOLOR 100/Nikon COOLSCAN V ED にてスキャン後に調整






実は今回暫く振りにマニュアル露出のみで撮影したのですが
使用したのがネガと言う事もありそれ程苦労する事はありませんでした。
50/1.2Lも開放付近での周辺減光は避けられませんがさすがに良く写ります。
印象としては素直な写り方をするレンズです。
ニッコールの少し武骨な写り方とはまた違った風合を感じます。

ただし晴れた日の大口径レンズの使用にはやはり1/4000以上が欲しい所・・・
それでもメーカーフラッグシップの素晴しいカメラを使うのは気持の良い経験でした。
[PR]
by hammer0011 | 2009-04-11 00:00 | Comments(4)
Commented by うっちー at 2009-04-12 22:54 x
ご無沙汰しております。
やはりかつてのフラグシップ機というのは風格がありますね。
ついついあこがれてしまいます(笑)。
Commented by 鍵魔 at 2009-04-17 00:37 x
24mmは夜景や星、広角のパースがついてるのに異常に深度の浅い写真なんか撮るときは他のレンズにゃできない芸だと思います。まあピンが合わせやすいだけでも価値はあるとは思うけど。
ストラップはそのまま気にせず使ってくれていいのにねえ(それともハデだから?)。もう手に入れてから20数年経っているからキニシナイ>プロストラップ
Commented by hammer0011 at 2009-04-17 12:11
うっちーさん>
こちらこそご無沙汰しております。
RTS各機達もお元気そうですね。
フラッグシップ機にはそれぞれのメーカーの
意地と技術と御家事情(?)が垣間見えるので興味深いですね。

Commented by hammer0011 at 2009-04-17 12:16
鍵魔さん>
24mm/F1.4、なかなか面白いです。
広角レンズ全般がそうですが漫然と風景を撮るよりも
被写体に近付いてこそ面白いレンズなのかもしれません。

ストラップは少し年季が入っていたのもありますが(笑)
持ち歩く時に容易な細身のやわらかいものに変えました。