Hammer's-Photo/日々雑観

紅葉/換算200mm

b0106800_18425845.jpg
b0106800_18434975.jpg
Panasonic DMC-GF1 + Nikon LENS SERIES E 100/2.8(マウントアダプター使用)
都内・公園の紅葉はそろそろ見頃を迎えております。
この100mm(換算200mm)を使用すると落ち着くのはEF200/2.8Lを思い出すからでしょうか?






今後欲しい画角としてはやはり望遠と広角。
2009/12現在入手可能な製品で考えてみると候補は大体以下の通り・・・


LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH.
自分の中で広角ズームはあれば楽しいレンズと言う事でマクロレンズに近い位置付け。
実際のところ普段の撮影ポイントではあまり活用出来ませんが欲しいレンズではあります。

LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.
実は現在大本命の14-140の便利ズーム。
これで自分好みの画角を単焦点で補っていくというのが一番効率的な使用法。

VM マイクロフォーサーズアダプターにてVoigtlander LおよびVMマウントレンズ
12-20mm付近の単焦点レンズを使用、換算24-40mm。
単焦点広角スナップ仕様は完全に趣味の選択(笑)
この辺はやはりE-P1・P2の様にボディ内手振れ補正だと便利なのですが・・・
基本的に広角スナップ撮影をする機会は少ないのですが機材偏愛の対象としては絶好のアイテム。
でも超広角を広角として使用するのは贅沢というより少し無駄な行為かもしれません。
この中で現在気になっているのは15mmと21mmです。



しかしこうしてマウントアダプター使用も選択肢に入って来るのはm4/3の特徴。
現状で「広角単焦点は高級コンデジを買ってね」などと言う無粋な某メーカーに比べ
撮像素子の自由度の無さは除いたとしても選択肢の多さが格段に違います。

刹那的な自分にとって重要なのは「可能性の未来」よりも「今ここにある快楽」なのです(笑)
[PR]
by hammer0011 | 2009-12-09 00:00 | Comments(0)