Hammer's-Photo/日々雑観

EOS 60D試用/総評

b0106800_2391520.jpg
Canon EOS 60D + EF200mm F2.8L USM + 1.4×
個人的には使い慣れている為ここ一番と言う場面で頼りがちなレンズ。



b0106800_2311569.jpg
Canon EOS 60D + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS
キットレンズも負けてはいません。
もちろん単焦点レンズに比べて劣る部分もありますが秀でている部分だってあります。
要は適材適所でストレスを少なく撮影出来るかどうかが大切なのです。



b0106800_11564763.jpg
Canon EOS 60D + EF50mm F1.8ll
絞り解放付近の描写はやはり背景の条件を選びます・・・が。
硬めの背景を意識して選んでみたのですがハシビロコウと組み合せは悪くなかった様です(笑)
結局この日は残念な事に動物園で50mmを活用するほど時間が取れなかったのですが
持って行った事を後悔しない軽さもこのレンズの基本性能のひとつだと改めて感じました。



今回使用したレンズはどれもEOS 60Dと相性が良く楽しく撮影する事が出来ました。
正直7Dほどの本気度は要らない撮影スタイルの自分にとってはかなり魅力的なカメラです。




今回の試用でいくつか気に入った点
・ファインダーが見易い。
・高感度を比較的安心して使用出来る。
・グリップ感など全体的に良い意味で『Kissの上級機』的な仕上がり。

今回の試用でいくつか気になった点
・背面ダイヤルのレイアウトは少し窮屈になり使い辛くなったと感じます。
・スイッチ類に直接プリントしてある表記は長期間の耐性に不安があります。
・ミドルクラス機であるならばAFマイクロアジャスト機能は是非とも付けて欲しかった。


試用したキヤノンEOS 60Dですが自分が思っていた以上に良く出来たカメラでした。
今回比較する為の自分の所有機が20Dと5Dという古めの機種なのでその後発売の
30D〜50Dや5D2を知っていたとしたらこの評価は変わっていたかもしれません。

しかしそれは逆に言えばこれから初めてデジタル一眼レフに触れる人にとっては
必要かつ十分な性能を持っているという事でもあります。
(これは60Dに限らず現在発売されている最新機種の多くに当てはまる事)


対50D比で初級機寄りな新機種であった事と初期の価格設定が高めだった事が理由で
現在のところ市場からはあまり積極的な賛同の声を聞く事が出来ないEOS 60Dの登場。
良くも悪くもAPS-Cミドルレンジの2本化を実現させたキヤノンはこのラインナップで
機能差・価格差の調整を行いつつ今後の新機種の開発を進める事になるでしょう。
もちろんそれらを下敷きとしてKissシリーズの機能刷新もあるかもしれません。

そんな過渡期に登場したCanon EOS 60Dはもちろん完璧製品神カメラではないのですが
色々な場所に連れて行って色々なものを撮る相棒としては十分魅力的なカメラだと思います。





<製品リンク>
Canon EOS 60D
EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS
EFレンズ
[PR]
by hammer0011 | 2010-11-01 00:30 | Comments(2)
Commented by かぎま at 2010-11-13 18:44 x
最近知ったのだが、60DはリモコンのジャックがN3タイプではなくKiss同様のピンジャックらしいという事。AF微調整オミットといい、やはり二桁D後継ではなくHG・キスデジという事なんでしょうなあ。でもバリアンは便利。
Commented by hammer0011 at 2010-11-13 19:07
かぎまさま>
結局60Dが全てを背負って仕切り直したラインナップ。
次期二桁Dの為の露払い的機種なのでしょうね。
60DはHGKDとして考えると決して悪いカメラでは無いです。
結局デジカメってランク分けを明確にしないと差をつけ難い
というのもわかるのですがやはり機能制限が多いのは残念です・・・