Hammer's-Photo/日々雑観

App Store

b0106800_14193514.jpg

別にAppStore用のカードという訳ではありません。
内容的には「iTunesAppsCard」も「iTunesCard」も同じ物です。

今やコンビニで気軽に買える「iTunesCard」を使ってMacのソフトも購入出来る様になりました。
良くも悪くもAppleが順調にユーザー数の分母を増やし続けた結果可能になった売り方とも言えます。
ネット上で時々WinとMac、AndroidとiPhone、それぞれのユーザーの啀み合いを見かけますが
こうなってくると『違う囲いの羊の群れ同士が罵り合っているだけ』でしかない様な気が・・・


OS X 10.6.6にアップデートするとダウンロードされるアプリケーションからAPP Storeが利用可能。
購入に際してはiTunes経由でiTunesStoreでアカウントを取得。
そこの情報を併用してクレジットカードやiTunesCardなどで支払うというお馴染みの形態。
つまりMacのAppStoreとiTunes経由のAppStoreは別系統ながらも支払いはiTunes経由に統一。
理解してしまえば簡単なのですが、説明が下手ですねぇ・・・すみません。

一度でもiTunesを利用して何か購入した事がありOSXの最新バージョンを使用可能ならば
今回のMacAppStoreもほぼ迷う事無く利用出来ると思います。

それにしても「Aperture3」が9,000円というのはなかなか魅力的。
試用して購入を検討中の方であればパッケージ版よりこちらの方がお買い得かもしれません。
(ただしユーザーが少なく解説本などは皆無なので活用には多少の自己努力が必要です)
[PR]
by hammer0011 | 2011-01-09 14:00 | Comments(2)
Commented by small-talk at 2011-01-09 20:46
僕もMac使いですが、OSが10.5なのでダメなんですよね。
確か、3,000円で10.6にアップデートできる筈なのですが、今の環境が安定しているので、未知のトラブルを考えると躊躇しちゃうのですよね。
Aperture3、9,000円ならば試したいのですが。。。
今、RAW現像はLightroom3をメインにしているので、比べてみたいのです。
Commented by hammer0011 at 2011-01-09 21:56
small-talkさん>
自分もフィルムスキャナーとの相性を考えてiMacが10.4のまま固定されていますがMBP13が10.6です。
普段はもう少し余裕を持った移行が出来るのですが今回は直前のバージョンまでバッサリと言った感じですね。

一般的にはLRの方がApertureより評価が高い様です・・・
トライアルでしたらIntelMacで10.5.8以降ならば可能な様ですので是非お試しを。