Hammer's-Photo/日々雑観

C/Y-m4/3 TiltAdapter 試用編

b0106800_1895859.jpg

E-PL2 + AUTO RIKENON 55/1.4 (ティルトアダプター使用/ドラマチックトーン)
ティルトアダプターならカメラ内のアートフィルターと併用が可能。


先日35mm/F2.8にて撮影してみたのですが結果は今イチ。
やはり準広角レンズで開放F値2.8の被写界深度はベースレンズとしては不利な条件。
そのうえ4/3だと画像周辺部が無くなる為、よりジオラマ感が少なくなってしまう様です。
そこでリケノン55mm/F1.4を使用してレンズの被写界深度で少しでも補完出来ればと考えました。






b0106800_17222773.jpg

b0106800_1724094.jpg

b0106800_17224241.jpg

b0106800_17245957.jpg


レンズは『リケノン55mm/F1.4』 全て絞り開放、アートフィルター/ジオラマ使用
上から順に・・・
・通常撮影
・アダプター使用
・通常のアートフィルター撮影
・アダプター使用のアートフィルター撮影
(アートフィルターでのジオラマ風撮影画像の彩度が高いのは仕様です)


こうして比較してしまうとピントの合っている位置が平面的ではありますが
その簡便性を考慮すればアートフィルターもなかなか良く出来ています。
ティルトアダプターとの併用でより効果的なジオラマ風画像に仕上げる事も可能です。


しかし実はそんな苦労をしなくても・・・
縦位置で撮影すれば上下に出来る空間を被写界深度の表現に利用する事が出来るので
ティルトアダプターのみの使用で十分にジオラマ風画像を楽しめます。

b0106800_17465294.jpg


どうやらオリンパスのアートフィルター/ジオラマの縦位置未対応は機種依存では無い様です。
何らかの方法で縦横切り替えが可能になれば表現の幅も広がると思うのですが・・・


注意
高所からの撮影の際には機材の落下などに十分注意する必要があります。
不用意に柵や手すりからカメラを突き出す事は止めましょう。
しつこい様ですがメーカー純正品以外での使用に関しては本来規定された性能は保証されません。
その辺も含めて購入・使用は全て自己責任下において行なわれるものであります。

[PR]
by hammer0011 | 2011-02-03 22:00 | Comments(0)