Hammer's-Photo/日々雑観

NATURA meets SLR

b0106800_21212452.jpg


2007/2/一眼レフにてNATURA1600を使用
「SLR=Single Lens Reflex(一眼レフ)」

しばらくぶりに銀塩の一眼レフを引っ張り出して「NATURA1600」を使ってみました。
日中の太陽光下、一眼レフでどこまで使えるのか試してみるつもりでした。

今回は厳密に言えば撮って出しの画像ではありません。
撮影したネガをフラットベットスキャナにて取込んだ後
Photoshop Elememts 4.0にてWB調整と部分的に焼き込みをしてあります。
(作品として考え、暗室作業で可能と思われる最低限の調整)

露出補正などはこちらを参考にしました。
ISO1600、絞り優先オート、+2補正でかなり「NATURA風」を再現出来ます。
超高感度フィルムなのにも関わらず、基本的には適正露出さえ心掛けていれば
極端に大きく白飛びする様な事が無いのがこのフィルムの凄い所です。
(今回の作例は左上に太陽が入っているので白飛びしております)


個人的には結構使えると思いますが、いかがでしょうか?
[PR]
by hammer0011 | 2007-02-08 21:30 | Comments(4)
Commented by al17 at 2007-02-08 22:32
こんばんは〜お写真の事は未だ良く分かりませんが
昼下がりの穏やかな情景と川向こうのほのかに霞んだオフィス街の
様子が色々と想像を掻き立たせてくれました。
超高感度フイルムを上手に使いこなされて素敵です。
Commented by hammer0011 at 2007-02-09 13:34
あきさん>
ありがとうございます。
最近のカメラは分からない部分を補助してくれるので
撮影に集中出来、純粋に撮る事を楽しめます。
覚える事があるとしてもそれは後からでも決して遅くはありません。
存分に楽しんで下さいね。
Commented by shinashina-x at 2007-02-10 14:34
おっとご近所さんの予感(笑)
これって中央大橋ですよね。

デジタルに比べて白飛び部分のトーンが非常に柔らかいのがフィルムらしい印象を受けました。デジではこういう部分の印象がどんなカメラでも同じようになっちゃいますから。
Commented by hammer0011 at 2007-02-11 01:49
しなしなさん>
仕事の合間に通る事もあって、この近辺での撮影は意外と多いです。

デジタルと比較してもフィルムの場合、白飛びらしき部分も
実際はPhotoShopあたりで起こしてくるとしっかり残ってます。
そういう意味でも積極的に画像調整をして
ネガの性能を活かすやり方は大いに有効だと考えます。