Hammer's-Photo/日々雑観

COOLSCAN試用 / 01

b0106800_2125559.jpg


Nikon COOLSCAN V ED にてネガ(ISO400)をスキャン
Photoshop にてトーン調整/焼き込み/リサイズ
(色味などはスキャニング時にソフトで調整したままです)

調整・リサイズした画像なので純粋な意味で参考にはなりませんが
現実的な手順でこの程度の所まではネガから再現出来ます。





参考までに・・・
猫の顔付近の部分をトリミング。頭の上の横線はネガの傷が補正されたもの。
Digital ICEによるゴミ・傷除去の威力は素晴しいです。

(8bit / 4000dpi / スキャニング時 Digital ICE Advanced による補正あり)

b0106800_0431582.jpg

[PR]
by hammer0011 | 2007-03-05 20:00 | Comments(2)
Commented by etranger1004 at 2007-03-06 12:38
これはデジタルといわれても全くわからないですね。
焼き込みしたということは、元の画像はもう少し色味が薄かった
(濃淡が弱かった?)のでしょうか?
元画像も見てみたかったです。。。
Commented by hammer0011 at 2007-03-06 19:10
etrangerさん>
等倍にするとさすがに判別出来ますがwebやA3プリント位なら
単品で鑑賞するのであればほとんど違いは分からないと思います。

この機種(ソフトかもしれませんが)の特徴として
黒い部分の階調が潰れてしまう傾向があるとの記事を見掛けたので
対策として取込みの際に元画像のコントラストを弱くしております。
(撮影時のネガの段階から気を付けておくと良いとの記事もあり)

ですからワークフローとしては
調整を前提とした取込み>ソフトによる調整>作品化
という感じになります。