Hammer's-Photo/日々雑観

OLYMPUS ZD ED 14-42mm F3.5-5.6 / マクロ的撮影

b0106800_1525778.jpg

2007/5/ OLYMPUS E-410 + ZD ED 14-42mm/F3.5-5.6



先日ZD ED 40-150mm F4.0-5.6 でのマクロ的撮影について簡単に記事にしましたが、
では、Wズームレンズセットのうちの ZD ED 14-42mm/F3.5-5.6ではどうなのでしょう?

最短撮影距離0.25m。
写し出される実像の大きさでいえば14-42の望遠側(42mm)の方がマクロ的です。
以前の記事中の手順を充分活用する事が出来ると言えます。






b0106800_15381765.jpg

b0106800_15382717.jpg

上)ZD ED 14-42
下)ZD ED 40-150


b0106800_15383877.jpg

b0106800_15384997.jpg

上)ZD ED 14-42
下)ZD ED 40-150

いずれも「望遠端 / F5.6 / 最短撮影距離付近」での撮影です。
被写体の位置は変えずカメラのみ撮影可能な最短距離に前後に移動。



42mmでは被写体をより大きく写す事が出来ますが
撮影条件によっては背景のディティールが残り、うるさくなってしまいます。
150mmは被写体自体にはそれ程寄れないものの
望遠効果のため遠景が手前に引き寄せられ、背景が整理されています。


どちらも一長一短なのですが、背景の状態や被写体との距離によって
使い分けてみるのも面白いと思います。

もちろん、
この際きちんとしたマクロレンズを買ってしまうというのも
選択肢としては充分「あり」なのだとは思いますが・・・(笑)
[PR]
by hammer0011 | 2007-05-20 16:00 | Comments(2)
Commented by pogetaro at 2007-05-20 22:08
こんばんは!
40-150mmとの比較、分かりやすくて参考になります!
望遠域での撮影をほとんどしないのですが、
軽くてコンパクト、やはりWズームにしておけば良かったかなあ。
Commented by hammer0011 at 2007-05-21 17:43
pogetaroさん>
多少中途半端な比較なのですが解説を始めてしまった以上は
出来るだけきちんとしないといけないと思いました(笑)

ED40-150は、かなりコストパフォーマンスの高いレンズです。
E-410ボディのスペックとバランスの良い1本だと言えます。