Hammer's-Photo/日々雑観

論理的散財?/あるいは背中を押す為の理論

『黒字理論』
購入したい製品よりも高価なモノと比較して
その差額を「黒字」だとする理論とは名ばかりの詭弁。






(事例)
EF300/F4Lなんか中古だって5万円以上ですよ!

ミラーレンズ500mmが2万円で購入出来たのだから
結局は安く済んだ訳で全然問題ないんですよ!!

そう言った意味では3万円の黒字ですよ!!!

買い物上手なんですよっ!!!!!!!!

ー理論回路破損ー

ー強制終了ー

ー再起動ー


わーい!
気が付いたらレンズが増えてるー!



(注意点)
価格の上限が曖昧になるので暴走の恐れがあります。

現実問題として最終的には大赤字になる場合がほとんどなので
『黒字理論』にはそこからの「逃避」という一面も色濃く現れています。


(応用例)
『黒字警報発令』
物欲が理性に勝る直前、あるいは勝ってしまった状態。
大抵の場合、この状態から逃れる事は出来ません。


(処方箋)
とりあえずの対処療法としては
「上を見ればキリ無し、下を見ればやむ無し」を心得るべし(笑)
[PR]
by hammer0011 | 2007-07-22 21:30 | Comments(2)
Commented by hanmaondo at 2007-07-25 15:01
あっはっは、黒字理論、納得です。
結構、精神衛生上有用かも。
買い物を2度楽しんだような。
Commented by hammer0011 at 2007-07-26 19:23
ハンマー音頭さん>
いやいや、これが結構危険なんですよ。
意図的に寄り道をして遠回りするというか・・・
結局欲しいもの全てを買ってしまう為の理論武装になりかねません。

御注意を(笑)