Hammer's-Photo/日々雑観

Epson Print Plug-In for Photoshopについての感想。

先日のエントリーにて疑問だったプリント結果について。

現在自分の使用環境においてはディスプレイキャリブレーションは行なっているものの
プリンターのキャリブレーションまで手が回っていないのが根本的な問題の様です。
今までは設定にて何とか元画像との近似値(妥協点)を見つけながらのプリントでしたが
このプラグインではその辺の煩わしさを回避する為、設定出来る幅はそれ程ありません。
考えれば当たり前の事ですが「各種キャリブレートが行なわれている事」が大前提なので
これだけで各種設定をこのプラグインで調整出来るという類いのモノではありません。

Photoshopでの調整からプリントまでをストレス無く進行する事が出来るのは大きな利点。
プリントプロファイルさえしっかりしていればプリント結果も納得の行くものになるでしょう。

もちろん良い結果を出す為にはそれなりの努力と出費を覚悟する必要はありますが、
そういう点も含めてこの『Epson Print Plug-In for Photoshop』を評価するのならば
初級者から上級者まで多くの層のユーザーが活用出来る懐の深いプラグインだと思います。
[PR]
by hammer0011 | 2008-04-04 22:00 | Comments(0)