Hammer's-Photo/日々雑観

マイナーソフトの憂鬱

ここ数日、Apple『Aperture2.0』フリートライアル版を試用しております。
少し取っ付き難い部分もある様に感じたので
ダウンロード可能なPDFマニュアルの他にも参考書籍を探してみました。


・・・が。
洋書や英語版の参考資料は複数見つかったのですが
国内では以前のバージョンのもので『Aperture1.5マスターブック』のみ。
(他にあったとしてもおそらくそれ程多数ではないと思います)
特殊な操作の多いソフトという訳では無いので特に不便という事ではないのですが
導入を思い立った時に助けになる書籍が少ないというのは少し不安です。


バージョンが上がってから定価も大幅値下げ。
メーカーの「何とか他社製品と勝負させたい」という気持ちも感じられますが
こういったほんの少しの事で潜在的な使用ユーザーを取り漏らしているとしたら
面白そうなソフトなだけにちょっと残念です。
[PR]
by hammer0011 | 2008-04-08 21:30 | Comments(2)
Commented by かぎま at 2008-04-09 00:56 x
写真展乙でした。あまり長くは話せなかったので落ち着いたら呑みましょう。
さて、ここにコメント付けるのは初なんですがAperture2.0よさげですな。今見てきたらいつの間にか値段もかなり安くなってる!これは導入‥‥‥‥‥‥すると踏んでいますよ(笑)。
実は自分も去年Aperture1.5とLightRoom1.0で迷いに迷った。結局フォトショップCSとの連携重視でLightRoomにしたんですが。値段もLRより二万くらい高かったし。でもAperture2.0になってから?カメラコントロールが出来るようになったのはいいですな。これまではCANON純正かCaptureOnePro(10万!)しかなかったので自分の周りは10万だしてC1を買ってましたね。純正DPPは連結撮影は今イチでしたから。
あ、AdobeLRも使い勝手は悪くないです、愛用中。
Commented by hammer0011 at 2008-04-09 09:28
かぎまさん>
ありがとうございます。
そういえばLR使ってましたね。自分も色々と悩んでおります。
Aperture2.0はマスターデータと別に切り離して管理出来るので
自分の様に色々なソフトを使用する際には便利です。
(元データの完全な非破壊管理が可能)
この点だけでも非常に「スマートな」感じがします。