Hammer's-Photo/日々雑観

1ヶ月間ありがとう。

エプソンさんより1ヶ月間モニター使用させてもらっていた
PX-G5300ですが、モニター期間終了のため本日梱包して発送しました。
今まで置いてあったラックの上が何だか急にさみしくなります・・・

いざ使用してみるとアッという間の1ヶ月。
この間、個展や甥っ子たちの誕生などイベント盛りだくさん。
忙しいながらもPX-G5300にはしっかり活躍してもらいました。

今回は個展作品の制作は時間が足りず無理でしたが、
甥っ子たちと家族の様子をプリントするのには間に合いました。
自分は普段から人物を撮る機会が少ないので甥っ子の誕生は
ジャンルの偏る事無く試用する事が出来る良いタイミングでした。


今回のEPSONさんの御好意に感謝致します。
ありがとうございました。


さて短期間でしたがPX-G5300を試用してみて気が付いた事を少し。


前述しましたがグロスオプティマイザの減りは
やはり他のカートリッジに比べ早く
頻繁にプリントをする方は余分に用意しておいた方が良いでしょう。

新色オレンジインクを採用した事によって色の傾向が若干派手目に感じます。
特に黄色の発色は場合によってはオレンジ寄りに出る事などもあり
MAXART系の安定した色を期待すると少し苦労するかもしれませんが
人物など暖色系のプリントでは好印象の仕上がりを見せてくれます。
最終的にはこの辺は好みやセッティングの問題なので何とも言えませんが、
個人的にはEye-Oneでのキャリブレーションをしたモニターに準じた色に
比較的近いプリントを制作する事が出来たので満足しております。


『Epson Print Plug-In for Photoshop』は今後に期待です。
Photoshopからのプリント時の設定を簡略化出来る便利なプラグインですが
カスタマイズの幅が増えればより多様な活用の仕方が出来る様にも思います。


もちろんこれらは設定によっても違いが出て来る事とは思いますが
普段使い+αくらいでの個人的な使用感ではこの様に感じました。
A4付近のサイズを多用しA3クラスも必要なユーザーにとっては
なかなか魅力的な選択肢であるのではないでしょうか。


では個人的にはこのモニター期間後、
PX-G5300を自腹購入するかどうか?









それは少し難しい選択です。

PX-G5300は愛着を差し引いても素晴しいプリンターだと思います。
家庭用大判カラープリンターの中でもトップクラスの製品でしょう。

しかしながら新色のオレンジインクが今後メーカー内で
どのように扱われて行くのかどうかに対して不透明な部分も多く
(メインストリームとなるのか、イロモノ扱いになるのか、)
保守派ユーザーである自分にとっては正直、不安に感じます。

ハード面での完成度は何の問題も無く素晴しいプリンターなのですが
インクに関しての今後の方向性がハッキリしていない現状では
しばらくは個展の開催など背中を押す要因が無い事もあり
積極的に購入には踏み切る事が出来ません・・・


結果、『今の所の購入は保留』

現在の個人的な要不要の観点からの出た結論ではありますので
いずれ「PX-Gインク」使用の機種は欲しいと考えております。
その際の選択肢として十分購入の可能性がある機種なので、
今回の試用はとても参考になりました。


繰り返しになりますが、
EPSONさんの御好意に感謝致します。

ありがとうございました。
[PR]
by hammer0011 | 2008-04-27 23:30 | Comments(2)
Commented by pretty-bacchus at 2008-04-29 03:24
ブログを拝見している私もとても参考になりました。
ありがとうございました。
PX533に使用か5500にしようかとまよっていましたので、、、、。
今は4000なのですが、これでは新しいプラグインが使えないのです、、、
Commented by hammer0011 at 2008-05-03 02:41
pretty-bacchusさん>
自分も現在4000を現役使用中です。
それから比べてもPX-G5300は良いプリンターなのですが
意地悪な言い方をすれば「もう少し普通」で良いと思います。
オレンジインクがこの一代限りの可能性も無くはありません。
この辺の感じ方には個人差がありますので是非一度エプソンにて
実際のデータを出力させてもらってみた方が良いでしょう。