Hammer's-Photo/日々雑観

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM 試用

b0106800_17503847.jpg
b0106800_17523186.jpg
Canon EOS 20D + SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM
結局予告していた通りシグマ50/1.4を購入致しました(笑)



所有する機体がEOS 20Dのみなので今回はAPS-Cにての使用感です。

フルサイズデジタルに適応する為に余裕を持たせたとも言われるその大きさ。
通常の50mmと言うよりは、むしろ85mmクラスを思わせるその外観。
APS-Cで使用する限り、中望遠ポートレートレンズと言った印象です。

AFはややおっとりとしていて「す〜、こここ、ぴ!」という感じで合焦。
さすがにフレアやゴーストなどの発生を完全に無くす事は出来ないものの
比較的良好に補正されている様で通常の撮影条件下であればほぼ問題無い使用感。

開放からしっかりと使えるのは最新設計のレンズならでは。
気になる点も無い訳ではありませんが個人的にはとても良いレンズだと思います。






以下、重箱の隅的な部分ですが・・・

絞り開放時の光源ボケは中心から離れるにしたがって「ネコ目状」になる傾向。
ボケの中にタマネギ模様に似たグルグルが見られ場合によっては目立ちます。
b0106800_2353732.jpg


今回EOS 20Dで試用した所、30/1.4でも話題になった「蒲鉾状」のボケが
絞りやピントの条件により画像のボディ基底面側に発生しておりました。
これはキヤノンAPS-Cのボディに起因、製品仕様の範囲内の現象の様です。
b0106800_2314032.jpg
b0106800_175301.jpg


自分の個体はほんの少し前ピンなのでMF併用で追い込んでいます。
また時々ですがAFで迷ってピントが外れてしまう事があります。
これらがはたして初期不良的な部分なのか、ボディとの相性なのか、
それともこのレンズの仕様なのかは不明です。


標準レンズだからと言って万人に薦める事の出来る性格のレンズではなく、
賛否両論の30mmF1.4同様に非常に特徴のあるレンズなのでユーザー自身が
長所短所を理解し許容しつつ使用出来るという事が大前提なのですが・・・

フルサイズで50mm標準レンズ・APS-Cで80mm中望遠域で撮る機会の多い方には
なかなか魅力的な製品かもしれません。
[PR]
by hammer0011 | 2008-06-17 07:30 | Comments(2)
Commented by hanmaondo at 2008-06-22 19:07
ハマーさん、こんばんわ。

楽しそうなレンズを買いましたね。
レモン形の口径色がボケに現われるのは、私の
ミノルタAF50/1.4初期型と同じです。
光源のピンボケ写真を撮るのが大好きなもので
この点だけが少し不満ですが、他はとても良いレンズ
と思い、特にその値段の安さに満足しております。

シグマの新しい50mm大口径での作品を楽しみ
にしています。 ↑の写真などを見るとボケ質も良さそう
で、ハマーさんがこれで何を撮るのか、大いに期待
できそうです。
Commented by hammer0011 at 2008-06-29 22:56
ハンマー音頭さん>
個人的には50mmと言うレンズは被写体が定まっていないと
使いこなすのが難しいと感じる焦点距離なのですが
APS-C環境下の80mm近辺のポートレートレンズとして
なかなか面白いレンズでもあります。

こういったレンズを新規に設計し直して製品化するシグマは
やはり侮りがたい会社なのだと再認識致しました(笑)