Hammer's-Photo/日々雑観

『ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情』


2008年9月30日(火)ー12月7日(日)
上野 国立西洋美術館にて開催



『ヴィルヘルム・ハンマースホイ』1864-1916/デンマーク

日本国内初の大回顧展と言う事でかなり混んでいる中、鑑賞して来ました。
まぁ「北欧のフェルメール」という安易な宣伝文句は少々疑問ですが・・・
室内に差す陽光・テーブルや床の反射光が好きな方には堪らない内容です。

話題の「何も無い部屋」や「妻イーダの後ろ姿」をモチーフにした作品は
もちろん非常に興味深く、素晴しいのですが・・・
実は最初期の頃の作品『若い女性の肖像、画家の妹アナ・ハンマースホイ』に
とても強く心惹かれました。(これは恋に近いかもしれません・笑)

また同時に展示されていた同時代のデンマークの画家、
『ピーダ・イルステズ』(ハンマースホイの友人でありイーダの兄)
ハンマースホイの作風の影響を強く受けた作品を多く発表しているのですが
どちらかと言えばこちらの温かな作風に共感するものを感じました。



関連リンク
『ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情』公式HP
『国立西洋美術館』
[PR]
by hammer0011 | 2008-11-18 18:00 | Comments(0)