Hammer's-Photo/日々雑観

<   2007年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

『droop』/HDR

b0106800_22261318.jpg

過去投稿画像のRAWデータを再現像後、『Photomatix Pro』にてHDR処理
[PR]
by hammer0011 | 2007-10-31 09:00 | Comments(0)

『FDRTools Basic』

b0106800_2565634.jpg

b0106800_2572237.jpg

上) FDRTools Basic 使用
下) Photomatix Pro 使用
両ソフトの違いを明確にする為にそれぞれ別のアプローチで調整してあります。


先日のコメントにて紹介してもらったHDRソフト『FDRTools Basic』
残念ながら完全版では格子状のウォータースタンプが入ってしまい、
前述の「レタッチ法」での回避も無理なのでBasic版を中心に使用してみました。

最終的にはどちらのソフトもパラメータ等の微調整は必要ではありますが
今回使用しているFDRToolsの方は明るめでクリアな結果が出し易く、
対するPhotomatixは暗めでこってりとした画像になる傾向にあります。

明るく鮮明な画像、硬調の『FDRTools』
暗部トーン重視、軟調の『Photomatix』

それぞれの合成結果の違いにそんな印象を受けました。
撮影状況や被写体によって使い分けてみるのも面白いかもしれません。


(設定や調整によって違いがあり、感想には個人差があります)

もう一例。
[PR]
by hammer0011 | 2007-10-30 09:00 | Comments(7)

HDRsoft『Photomatix』による逆光の習作

b0106800_10101449.jpg

Canon EOS 20D + SIGMA 8mm F3.5 EX DG CIRCULAR FISHEYE
Photomatixにて合成後、PhotoshopElementsで修正・トリミング

極端な光線状態の画像で『Photomatix』を試してみました。
露出を変えて撮影した3枚(+1.3、0、-1.3)を使用。

やはり1枚のRAWデータを使用するよリも良い結果になる様です。

こうして使ってみると、HDRの技術はQTVR-360°パノラマの様に
「空あり、木陰あり」といった照度差の激しい画面構成に有効なのだと感じます。
パノラマ関連の記事検索で多く見掛ける理由がよく分かりました。
[PR]
by hammer0011 | 2007-10-29 01:00 | Comments(2)

HDRsoft『Photomatix』/ロゴ回避法

b0106800_3523314.jpg

試用体験板で現れるロゴのスタンプを消す方法をいくつか発見。
(価格.comのこちらを参考にしました)

皆さん色々と考えてらっしゃるなぁ・・・と感心しつつ、
記載されていた「サイズ制限法」と「レタッチ法」を試しました。
web限定で言えばサイズ制限法で全く問題ありません。
レタッチ法も手間は掛かりますが他でも応用出来る良い方法です。

機能制限さえ気にしなければこれで充分遊ぶ事が出来るのではないでしょうか?
(メーカーさんにしてみれば「なら買ってよ・・・」なんでしょうけれど)
[PR]
by hammer0011 | 2007-10-28 01:00 | Comments(0)

HDRsoft『Photomatix』

b0106800_3465354.jpg


HDRソフト『Photomatix』を使用。

QTVRについて検索した記事内に紹介されていた
HDR(ハイダイナミックレンジ)画像を作成する為のソフト。
簡単に言えば実際の目視に近い範囲の明暗を再現出来ます。

露出を変えてRAW現像した3枚を合成。
試用版なので「Photomatix」のロゴが入っているのは御愛嬌(笑)

Photoshopの高価な方であれば同様の作業は可能らしいのですが
それとは別にPhotoshop用のプラグインも用意されている様です。



そのかなり印象的な仕上がりは、
さすがフランス生まれのソフトと行った感じでしょうか?

ソフト自体は英語版ですが日本語化パッチもあり多少使い易くはなっています。


今回は同一RAWデータを現像した副数枚を利用して合成しましたが
露出を変えて撮った数枚から作成する方がより有効な使い方であり、
ひとつのRAWデータからよりも広い範囲の明暗を利用する事が出来ます。

その仕上がりから、必ずしも万人向けではないと言うのが正直な感想ですが
デジタル環境下での表現の多様性という点でとても面白いソフトだと思います。

別画像による簡単な作例。
[PR]
by hammer0011 | 2007-10-27 12:00 | Comments(4)

円周魚眼にて全周囲パノラマ制作。

先週購入したばかりのSIGMA 8mm F3.5 EX DG CIRCULAR FISHEYE。
このレンズについて検索してみると、同時に『QTVR』という単語に多く出会います。
レンズのレビュー記事にもやはり「QTVR」についての記述。
そして、それらのリンクを辿って行くと素晴しい作品の数々!
どうやら多くの方達がこのレンズを使って『QTVR』を楽しんでいる様です。


『QTVR(QuickTime VR)』
アップル社の『クイックタイム』を利用したヴァーチャルリアリティ技術。
ムービー画面上でマウスを操作することで立体的な映像を楽しむことが可能。
この辺の技術に関しては既に確立されているカテゴリーの様で
詳しい方からすれば「何を今更」という感じかもしれませんが・・・

早速試用版ソフト等を使ってQTVRパノラマを制作してみる事にしました。
しかし残念な事に日没後からの取り組みだった為、仕方無く素材に自室写真を使用。
ネットで見つけた参考記事等を読みつつ複数のソフトと格闘する事およそ2時間。

・・・おお!
見慣れた風景、少し散らかった室内が回る回る!

ただし画像合成の結果が粗い部分はそのままなので更なる完成度を目指し
Photoshopにてコツコツと合成・レタッチ修正。
ほぼ一日がかりでバーチャル自室内が完成致しました。



それなりの出来ながらも案外上手くまとめる事が出来たのに気を良くして、
後日改めてパノラマ素材として屋外にて撮影。
いくらかソフト等の扱いにも慣れて何とか習作と呼べるモノが完成しました。
マウス操作で上下視点も体感可能です。

現在HPの『Gallery』にて試験公開中ですので是非御覧になって下さい。
(再生にはQuickTimeが必要/閲覧環境によっては再生不可)
[PR]
by hammer0011 | 2007-10-26 00:00 | Comments(2)

『NATURA 100 people photograph exhibition』

コンテスト等とは違いますが、一般公募作品の写真展。
こちらで六切りサイズを額装した作品を展示して頂ける事になりました。


「NATURA 100 people photograph exhibition」
【開催日時】
 2007年10月25日(木)~11月7日(水)
 11:00~19:00(最終日は14:00まで。日曜日は休館)
 入場無料

【開催場所】
 フォトエントランス日比谷
  http://fic.fujifilm.co.jp/photoent/


こういった機会があれば今後も積極的に参加してみたいと思います。
[PR]
by hammer0011 | 2007-10-25 01:00 | Comments(0)

SIGMA 8mm F3.5 EX DG CIRCULAR FISHEYE

b0106800_16113979.jpg


SIGMA 8mm F3.5 EX DG CIRCULAR FISHEYE

180゜の画角のデジタル対応円周魚眼レンズ。
ただしAPS-Cサイズでの使用時には円周画像にはなりません。

昨年発売の比較的特殊な部類のレンズなので
まだ中古を見掛ける機会もほとんど無い製品なのですが・・・

先週末、某店にてEFマウントの中古美品に出会い
これもきっと何かの縁と無理矢理自分に言い聞かせ即購入(笑)

四隅のフチが中途半端ではありますが個人的には無問題。
今回の画像の様にトリミングしてしまえば普通の魚眼レンズ風に使えますし
35mmフルサイズ環境下ならば本来の円周魚眼としての活用可能です。


以前はこんな作品も撮っていました。
ある意味念願叶っての購入なので、これからはメイン機材のひとつとして
しっかりと活用して行けたらと考えております。

ちなみにトリミング無しだと・・・
[PR]
by hammer0011 | 2007-10-24 17:00 | Comments(0)

OLYMPUS E-3を触って来ました。

本日オリンパス東京ショールームにて、
10/17(水)発表されたばかりのOLYMPUS E-3を触って来ました。



とりあえず印象に残った点を幾つか雑記。

ボディサイズはさすがにE-410に比べてしまえば大柄ですが
実寸はCanon EOS 5Dに近く、フラッグシップ機という事を考えれば
特別に大きく重いカメラという訳でもありません。

短時間の使用ではありますが同じく展示されていた他機と比較して
ファインダーは劇的に見易くなっていると感じました。
もちろん他社の機種と比較しても「良いファインダー」と言えるでしょう。

OLYMPUS現行機種の操作系に準じているので基本的な操作に関しては
E-410・510ユーザーであれば初めて使用しても迷う事は少なそうです。
また、設定によってはCanonやNikonのボタン・ダイヤル操作からも
違和感無く移行出来る様にしてあるとの事でした。

カタログは正式な物はまだ出来ていないそうで現在はチラシ程度の物が配布中、
11月には本カタログが配布されるとの事です。



細かな点に関しては実際に発売されてからの評価待ちになるのでしょうが
第一印象としては、かなりしっかりとした「真面目なカメラ」だと感じました。

非公式ながらも「E-510以上・E-3未満」の機種を用意する動きもあり
E-400・500番台の今後のモデルにも色々と期待してしまいます。
しかしながらそれにはまずE-3の成功が大前提となります。

E-3は、まさにオリンパスが勝負を懸けた『渾身の最上位機種』と言えるでしょう。

・・・で、hammer.は買うのか?
[PR]
by hammer0011 | 2007-10-20 23:30 | Comments(4)

2007/10/13/雑記。

b0106800_1355344.jpg

OLYMPUS E-410 + TAMRON SP500mm/F8
絞り優先/ISO800/Photoshop にて調整・トリミング

しばらくぶりの鳥撮り(・・・とは言っても自宅窓から)です。

今週になってから近所でモズの鳴き声が聞こえる様になりました。
いよいよ秋が本格的にやって来たのを実感します。
[PR]
by hammer0011 | 2007-10-13 13:00 | Comments(8)