Hammer's-Photo/日々雑観

<   2008年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

300×2/夕刻の翡翠

b0106800_1473419.jpg
OLYMPUS E-510+TAMRON SP 300mm F/2.8(×2テレコン使用)
RAW現像後PhotoshopElements にて調整・トリミング

夕刻のカワセミ、見返り美人。
[PR]
by hammer0011 | 2008-02-29 12:00 | Comments(0)

300×2/Japanese Pygmy Woodpecker

b0106800_13473616.jpg
OLYMPUS E-510+TAMRON SP 300mm F/2.8(×2テレコン使用)
『コゲラ』/RAW現像後PhotoshopElements にて調整・リサイズ

シジュウカラを見つけた時には良く注意して見ると近くにコゲラがいる事があります。
「ギィ、ギィ」「ヂィ、ヂィ」という様な鳴き声が聞こえていたら近くの樹を探してみて下さい。
公園などの身近な場所で意外な程あっさりと見つける事が出来て驚きます。
[PR]
by hammer0011 | 2008-02-28 13:30 | Comments(2)

300×2/四十雀

b0106800_734197.jpg
b0106800_7342642.jpg
OLYMPUS E-510+TAMRON SP 300mm F/2.8(×2テレコン使用)
『四十雀』/RAW現像後PhotoshopElements にて調整・リサイズ

公園や民家に集まる鳥たちなら10m以内の距離で撮影出来る機会も少なくありません。
特に食事中のシジュウカラはスズメ以上に無警戒だったりします。
静かに、驚かさない様にしていれば比較的近距離での撮影を許してくれます。
[PR]
by hammer0011 | 2008-02-27 19:00 | Comments(0)

300×2/梅に鵙

b0106800_1338728.jpg
OLYMPUS E-510+TAMRON SP 300mm F/2.8(×2テレコン使用)
『梅林のモズ』/RAW現像後PhotoshopElements にて調整・トリミング

「タムロン・SP300/2.8(60B)」+「コンタックス・ムターⅡ」
「オリンパスE-510」にて使用の換算1200mmの手持ち撮影。
ピントがマニュアルなのと、強めのパーブルフリンジ以外には
不満を感じる事の少ない組み合わせです。

パープルフリンジに関して言えば有料・無料含めて様々な画像ソフトがあり
万能とは言えないもののソフトでの収差の軽減は可能な様です。
(現在当方の画像はそれらのソフトを使用しておりません)

とは言え・・・
中古価格を考慮すれば抜群の高コストパフォーマンスの組み合わせ。
そんな事は気にせずに積極的に使うのが正解なのかもしれません。
[PR]
by hammer0011 | 2008-02-26 13:30 | Comments(2)

300×2/猫

b0106800_124590.jpg
OLYMPUS E-510+TAMRON SP 300mm F/2.8(×2テレコン使用)
『猫』/RAW現像後PhotoshopElements にて調整・リサイズ

鳥いる所、猫あり。
換算1200mmで撮る必要は全くない被写体なのですが・・・(苦笑)
[PR]
by hammer0011 | 2008-02-25 23:45 | Comments(0)

300×2/カワセミ

b0106800_23454427.jpg
b0106800_1203081.jpg
OLYMPUS E-510+TAMRON SP 300mm F/2.8(×2テレコン使用)
『カワセミ』/RAW現像後PhotoshopElements にて調整・リサイズ


比較的早くカワセミを撮る事が出来ました。
オリジナルデータを等倍にするとピントの追い込みの甘さが目立ってしまいますが
webサイズであればほとんど問題の無いレベルの画像だと思います。
換算1200mmの手持ち撮影だという事を考えると凄い事です・・・

2004年の年末にデジタル一眼レフカメラを手にしてから3年。
あの頃も撮っていたカワセミを今こうして撮りつつ、
技術の進歩とそれによる恩恵の大きさを改めて感じます。
[PR]
by hammer0011 | 2008-02-24 00:00 | Comments(0)

300×2

4/3環境下での TAMRON SP 300mm F/2.8 の使用感が予想していた以上に良好で
こうなって来るとやはり気になるのが『×2テレコン使用・換算1200mmの世界』

使用マウントの兼合いから選択肢は2つ。
『OLYMPUS EC-20』
『CONTAX Mutar II』
前者は現行品の4/3マウントでZDレンズで使用する事が可能。
後者は現行品ではないので中古、Y/Cマウントの望遠レンズ専用テレコン。

今回は想定される使用頻度・使用状況、そして価格の点から後者を選択しました。
(EC-20は、いつかZD300/2.8 を購入するとしたらポイント分で買えますし・笑)
当初は「まぁ2倍テレコンだし・・・」くらいに考えていましたが、
結果的には画質の劣化も少なく(さすが望遠専用!)充分使用に耐える製品でした。

b0106800_2385010.jpg
OLYMPUS E-510+TAMRON SP 300mm F/2.8(×2テレコン使用)
『カワラヒワ』/RAW現像後PhotoshopElements にて調整・リサイズ

月の画像を追加しました。
[PR]
by hammer0011 | 2008-02-23 00:00 | Comments(2)

『4/3』de『300/2.8』 その3

b0106800_23461321.jpg
b0106800_23462459.jpg
b0106800_23463577.jpg
OLYMPUS E-510 + TAMRON SP 300mm F/2.8
デジスコと違って様々な状況に柔軟に対応出来ます。
この辺はもちろん一長一短なのですが・・・
個人的には一眼レフでの気ままな撮影の方が性に合っている様です。
[PR]
by hammer0011 | 2008-02-22 23:00 | Comments(0)

『4/3』de『300/2.8』 その2

b0106800_2344256.jpg
b0106800_23443637.jpg
b0106800_2344487.jpg
OLYMPUS E-510 + TAMRON SP 300mm F/2.8
公園にて身近な鳥たちを各種撮影。

当たり前の事なのですが・・・
被写体を出来る限り大きく捉える事が出来さえすれば
E-510のファインダーでもMFでピントを合わせる事は可能です。
その辺の確認を含めた試用撮影。
[PR]
by hammer0011 | 2008-02-21 23:30 | Comments(0)

『4/3』de『300/2.8』 その1

b0106800_23402986.jpg
b0106800_2341715.jpg
b0106800_23414047.jpg
OLYMPUS E-510 + TAMRON SP 300mm F/2.8
公園の水辺にてヒヨドリとカルガモを撮影。

10m前後の距離まで近付ける被写体で試用してみました。
空や水面など高照度の被写体を写した際に発生するパープルフリンジは
最新のデジタル対応レンズなどに比べると明らかに強めに出る様です。
しかしその描写力は、古い製品ながらも「さすがにサンニッパ」と言った感じ。
購入価格を考えればその辺は割り切って使うのが正解なのでしょう。

高嶺の花の『ZUIKO DIGITAL ED 300mm F2.8』
いつかは是非とも使ってみたいレンズではありますが・・・

現実問題、当方の使用頻度と満足度で言えばSP300/2.8で充分とも言えます。


多忙につきコメントへの返信が遅れております。
申し訳ありません。

[PR]
by hammer0011 | 2008-02-20 23:00 | Comments(0)