Hammer's-Photo/日々雑観

<   2011年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

C/Y-m4/3 TiltAdapter

b0106800_0175284.jpg

C/Y-m4/3 ティルトアダプター


m4/3機でミニチュア風の画像を撮影するには以下の方法があります。
1)ティルトシフトが可能なレンズやアダプターの使用
2)カメラ内のアートフィルターの使用(掲載機種のみ)
3)画像調整ソフトの使用

それぞれ長所短所がありどれが一番良いとは言い切れません。

某所で製作が予定されていた4/3-m4/3ティルトアダプターの発売を待っていましたが
昨年末に製作会社から正式に「発売は未定」とのアナウンスがありガッカリしておりました。
しかし先日ネット上でコンタックス・ヤシカマウントのレンズが使用出来るアダプターを発見。
ヤシコンマウントを利用すれば所有するM42マウントのレンズも並行活用出来ると考えました。

注意
メーカー純正品以外での使用に関しては本来規定された性能は保証されません。
その辺も含めて購入・使用は全て自己責任下において行なわれるものであります。


More
[PR]
by hammer0011 | 2011-01-31 16:44 | Comments(2)

EF-m4/3

b0106800_0142630.jpg
b0106800_0145074.jpg

EF-m4/3マウントアダプターでEFマウントのレンズたちをマイクロフォーサーズにて活用可能。

今まではEFレンズの絞りが電子制御のため原則的には開放のみでの使用に限定されていましたが
最近の製品にはアダプター自体に手動絞りが内蔵されて簡易的に絞り込む事が可能な物もあります。
今回自分が購入したのも絞り付きのアダプターです。

「LENS IN A CAP」はアダプターを含めると標準レンズサイズなのでコンパクトではありません。
「LENSBABY」はやはり光学ファインダーでの直視(?)による撮影の方が扱い易い気がします。

両レンズともフルサイズやAPS-Cで使用した方が周辺部の低解像感を活かした撮影が可能なので
正直なところ無理にm4/3で使用する事も無い様に思いました。


b0106800_0152486.jpg

E-PL2 + EF50/1.8II にて絞り開放・最短撮影距離付近で撮影

50/1.8は特別ボケが綺麗だとか言う事はありませんが安価・軽量ながらも良く写るレンズ。
個人的にはこうやって所有しているEFマウント単焦点レンズを利用出来るのが楽しいです。


注意
メーカー純正品以外での使用に関しては本来規定された性能は保証されません。
その辺も含めて購入・使用は全て自己責任下において行なわれるものであります。

[PR]
by hammer0011 | 2011-01-30 23:30 | Comments(0)

Stupid is as stupid does.

b0106800_20585987.jpg

MFレンズ数本がE-PL2に変身しました。
実はオリンパスのマイクロフォーサーズを本格的に使うのは初めてです。

今回の迎合的保守的なデザインには賛否両論ありますが個人的には大歓迎。
なんだかGF1の正統なモデルチェンジ機の様にも見えるのは気のせいでしょうか?
単焦点レンズを中心に使用予定の為、ボディ単体のみを購入しました。



E-PL2を使ってみての第一印象・・・『少し使い難くなったGF1』

特に背面ダイヤルはダイヤルである必要性をあまり感じられ無いUIなのがとても残念です。
また中途半端な位置にあるので誤作動を起こし易く注意が必要なのは少し煩わしく感じます。
この辺は使っているうちに慣れていくのでしょうがGF1の方が上手くまとまっている様に思います。

実写等については今後少しずつ試用していくつもりですのでこれが総評ではありません。
GF1には無い部分を多く持っているE-PL2には色々と期待しております。
[PR]
by hammer0011 | 2011-01-28 21:30 | Comments(0)

『TiltShift』&『Tilt Shift Focus』

b0106800_9345243.jpg

b0106800_9381536.jpg

ネット上のフリーサンプル画像を使用して『TiltShift』で調整


MacAppStoreにて販売されているミニチュア風画像調整ソフトを2本購入。
『TiltShift(¥2,900)』『Tilt Shift Focus(¥900)』

最初にお試しという事で価格の安い『Tilt Shift Focus』を購入したものの
Mac用は操作感にクセがあり少し使い難く結局その後に『TiltShift』も追加購入。
両アプリを比較した結果、個人的には『TiltShift』を残す事にしました。

もちろんフォトショップ等が使える環境であればそちらの方がより細かい作業が可能なので
必ずしも必須なアプリとは言えませんが簡単なミニチュア風イメージを作成するには便利です。


MacAppStoreにて購入したアプリのアンインストールはゴミ箱へ移動する通常の方法でOK。
再度インストールしたい場合にはMacAPPStoreにて無料で再ダウンロードが可能なのだそうです。
しかし自分は『AppCleaner』というフリーソフト使用(自己責任)で完全削除。
これならアプリのみならず関連ファイルも同時に削除出来て完璧。
その場合AppStore上では未購入と認識されるので再度導入の際には再課金となるので要注意です。
[PR]
by hammer0011 | 2011-01-11 11:11 | Comments(2)

App Store

b0106800_14193514.jpg

別にAppStore用のカードという訳ではありません。
内容的には「iTunesAppsCard」も「iTunesCard」も同じ物です。

今やコンビニで気軽に買える「iTunesCard」を使ってMacのソフトも購入出来る様になりました。
良くも悪くもAppleが順調にユーザー数の分母を増やし続けた結果可能になった売り方とも言えます。
ネット上で時々WinとMac、AndroidとiPhone、それぞれのユーザーの啀み合いを見かけますが
こうなってくると『違う囲いの羊の群れ同士が罵り合っているだけ』でしかない様な気が・・・


OS X 10.6.6にアップデートするとダウンロードされるアプリケーションからAPP Storeが利用可能。
購入に際してはiTunes経由でiTunesStoreでアカウントを取得。
そこの情報を併用してクレジットカードやiTunesCardなどで支払うというお馴染みの形態。
つまりMacのAppStoreとiTunes経由のAppStoreは別系統ながらも支払いはiTunes経由に統一。
理解してしまえば簡単なのですが、説明が下手ですねぇ・・・すみません。

一度でもiTunesを利用して何か購入した事がありOSXの最新バージョンを使用可能ならば
今回のMacAppStoreもほぼ迷う事無く利用出来ると思います。

それにしても「Aperture3」が9,000円というのはなかなか魅力的。
試用して購入を検討中の方であればパッケージ版よりこちらの方がお買い得かもしれません。
(ただしユーザーが少なく解説本などは皆無なので活用には多少の自己努力が必要です)
[PR]
by hammer0011 | 2011-01-09 14:00 | Comments(2)

2011年/新春雑記

b0106800_1421795.jpg

b0106800_1422151.jpg

LYNX 3D SH-03C/PhotoFunia使用
モデル/谷垣綾南

LYNX内のフォルダに取り込んだ画像を使って合成画像を作るアプリ。
以前撮影したポートレート画像で遊んでみました。


色々出来て面白いスマートフォンですが万能なのかと言うとこれがなかなか難しい。
完全移行を考える際には得るモノと失うモノとを事前に理解をしておく必要があるかもしれません。
最もその辺は実際に使用してみないとピンとこなかったりするので難しいのですが・・・
職場や生活環境によってはやはりまだまだガラケー使用の方が安心確実だと感じる場面もあります。
特に携帯電話で頻繁にメールのやり取りをしたりデコメールなどを多用する方は要注意です。

現段階で日本国内に限っての使用感で言えばスマートフォンは通常の携帯電話にまだ勝てません。
通話とメールとiモードに特化・浸透したシステムが根付いた現状はやはりガラケーに有利です。
もっとも今は過渡期であり今後はより使い易い状態になって行く事は間違い無さそうです。



海外でOLYMPUS E-PL2が発表されました。
(デジカメWatch該当記事)
(米国オリンパスHP)
個人的にはパナのGF2が今イチでしたのでE-PL2がGF1寄りの外観になってくれて嬉しいです。
背面ダイヤルが無いので実際の使用感がどうなのかは微妙な所ですが
手振れ補正の出来と高感度時の画質が向上していたら結構悩ましい事になるかもしれません。
[PR]
by hammer0011 | 2011-01-06 15:00 | Comments(2)

あけましておめでとうございます

b0106800_222596.jpg

b0106800_214484.jpg

「年末の心象風景」と「年始の青空」 (LYNX 3D SH-03Cにて撮影)

忙しかった年末が終わり気が付いたら年が明けていたといった感じの暮れから正月。
カレンダーの「2011」の数字の並びが何となく未来的な雰囲気で不思議な気分。

それでも坦々と続く平凡な日常。
変えるも変わるも自分次第。


未来は今。


あけましておめでとうございます。
[PR]
by hammer0011 | 2011-01-03 02:00 | Comments(4)