Hammer's-Photo/日々雑観

<   2011年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

修正限界点

誰ひとり「これは問題だ」と思わないでいる時は何の変化もありません。
みんなが「これは問題だ」と思った時にはもう手遅れかもしれません。



では何人が「これは問題だ」と思った時に変わる事・変える事が出来るのでしょうか?

以外と「これは問題だ」と思っている人は多いのかもしれません。
同時に「仕方無いよね」と思っている人も多いのかもしれません。


「これは問題だけど仕方無いよね」


問題ならば何とかするべく最大限の努力が必要となるのです。
仕方無いと諦めるのはその後でも決して遅くはないはずです。

どんな思想・立場の人であっても安易に「仕方無い」と逃げてはいけないのです。
[PR]
by hammer0011 | 2011-03-30 01:00 | Comments(0)

プロメテウスの失望とゼウスの激昂(または哄笑)

原発に関して推進にしても縮小にしても管理側が今まで通りの認識で運営するとしたら
結局その先には遅かれ早かれ絶望的事象しか待ち受けていない様な気がします・・・
[PR]
by hammer0011 | 2011-03-29 20:00 | Comments(0)

被災者にならなかった僕(ら)のすべき事

1)現地復興の為の協力。「金・物・人」での貢献。
2)被災者との当事者意識の共有を持続。忘却・風化の防止。
3)今回の災害を「地域の問題」としてではなく「自分の日常の問題」として意識。

個人的には最低限これさえ実行出来ていれば普通に日常生活をしていてOKなのではないかと・・・
後は感情移入の個人差の問題なので笑って過ごそうが泣いて過ごそうが関係ないと思います。
魔女狩りみたいに「あいつが不謹慎だ!こいつが不謹慎だ!」みたいなのは少し違うと思います。

もちろんこれは被災した方達の前で大笑いする事が正しいといった意味ではありません。

困難に立ち向かう為にも統一された雰囲気の強要によって社会が閉塞してしまうよりは
多様な感受性で刺激し合いつつ通常生活を送る姿勢の方が前向きなのではないでしょうか。



置かれている状況や心情には違いがあるかもしれませんが、この動画を見て思います。
『2011/3/12/クロアチアの反政府デモ/動画その1』
『2011/3/12/クロアチアの反政府デモ/動画その2』
日々の生活の中でこういった心を忘れないで過ごす事こそ大切なのだと。



クロアチア共和国(日本外務省HP)
クロアチア(Wikipedia)
[PR]
by hammer0011 | 2011-03-28 12:00 | Comments(0)

活動家でも思想家でもない市民の素朴な気持ち

『まともに運用出来ないものはやはり持つべきではない』

これは原発に賛成・反対、思想の左右以前の問題。

自分を含め、今まで無関心でいた(もしくは知らぬ振りをしていた)多くの人々に
まったく責任が無いとはもちろん言いません。
それに対する責めは受けるべきであり、今後も考え続けられて行くべき問題です。
時が経てば忘却しがちな問題だけに今だからこそ考える必要があると思います。


それにしても・・・

都合の良い数値を並べ立て、管理責任の放棄とも受け取られかねない運営をしておいて
すべて「想定外」で逃げ切れると本気で思っているのだろうか?
事故後テレビの画面に映し出され続けている数人をスケープゴートにして事態の収束を待ち
何とか穏便に済ませたいと考えている様にしか受け取られかねない状況もどうかと思います。


現場も含め様々な場所で不眠不休の対応に迫られている官民多くの人々がいる中で
何を考え何処に進もうとしているのかさえ分からない責任者たちの在り方が問われます。
[PR]
by hammer0011 | 2011-03-27 14:00 | Comments(2)

「便利」を止めたら「不便」になるの?

b0106800_21411312.jpg
飲みたい時に目の前に飲みたいもののある便利さ。
確かに便利だけどそれって本当に切実な状況から求められたモノ?


東京都内、某地下鉄・某駅のホームで水が欲しくなった。
目の前にある自販機に近付いて見ると節電のため販売停止中。
じゃあ改札を出てから通路内の自販機で、と思ったもののそこも節電中。
どうやらその駅の構内にある自販機は全て販売停止中の模様。

「あ、売店があるじゃん・・・」

店員さんに120円を払い無事に水を購入。

今回の節電によって改めて気付いたのは駅構内の自販機の数。
よく考えればこれって少し異常な数なのかもしれません。
確かに自販機があって使えないのは「不便」かなとは感じますが
だからといってホームに自販機が無い駅を「不便」だとは思いません。




今回の震災前、日本の電気の30%は原発によって作られていました。
もしも脱原発の気運が高まれば停電が慢性化し国民は不便を強いられるという見方もあります。
でもそれって思考の停止というか硬直化と言うか・・・
何だか納得いきません。

「不便な暮らしには戻れないでしょ?」
「今の暮らしを維持したいでしょ?」

誰かの言う「便利」が本当に自分にとっての「便利」なのかどうか・・・
あれば「便利」なものが無くなるという事は必ずしも「不便」に直結しません。

こんな事言う自分だってこういう状況になったからこそ改めて認識するに至ったに過ぎません。
与えられる便利を無邪気に何の疑いも無く享受していた頃に引返す事が出来ないのであればこそ、
これから先の事をもっと真剣に自分の事として考える必要があるのです。
[PR]
by hammer0011 | 2011-03-25 23:00 | Comments(0)

「冷静」と「薄情」は同義語ではない。

『メシがちゃんと食えてさ、ゆっくり眠れる場所があって、初めて人間は心から笑えるんじゃないかな』

                    ビートたけし(2011/3/19/東京スポーツのインタビュー記事より)



「今は自分の出番ではない」という判断は決して薄情な事ではなく
「今の自分に出来る事」を熟慮し冷静に見極めるひとつの考え方なのです。

大切なのは答えを出して満足する事ではなく、最良の解を求めて考え続ける事なのだと思います。
[PR]
by hammer0011 | 2011-03-23 00:30 | Comments(1)

『ありがとう世界』/『忘れない・見捨てない』

『ありがとう世界』
日本国としては原発事故などの問題もあり各国救援隊との連携が上手く言ったとは言い難いですが
日本国民の一人としては世界が日本に手を差し伸べてくれた事は決して忘れません。


『忘れない・見捨てない』
震災後10日が過ぎても被害内容が正確に把握出来無いくらいの苛烈な災害。
テレビは軽薄な通常放送に戻りつつありますが、被災地はテレビの中にあるのではありません。
時間とともに災害の衝撃が薄れ現地と危機感を共有出来なくなる事だけは避けなければいけません。

僕らに出来る事は「継続」した行動。
規模の大小、金額の多少に関わらず「継続」した行動。
そして一見無関係な様であっても日々の生活を粛々と「継続」するという事。
今後は増税も含め国民が均等に負担していく可能性もあり、それも復興への貢献の一種と言えます。
その為には今現在の生活・経済活動基盤をしっかりと維持して行く必要があるのです。


一過性の感情から出る応援の言葉は陳腐な自己満足と紙一重。
その言葉を今は胸に秘め、自分に出来る事を自分に出来る範囲で「継続」する。

「継続」それはつまり被災地を絶対に「忘れない・見捨てない」という事でもあるのです。
[PR]
by hammer0011 | 2011-03-22 03:00 | Comments(0)

月に願いを。

b0106800_1444142.jpg

2011/3/20/Extreme Super Moon
OLYMPUS E-3 + TAMRON SP500mm/画像調整・トリミング


1年で一番大きな満月は『Super Moon』と呼ばれるそうです。

そして今年は19年ぶりに月と地球の距離が最短距離になる『Extreme Super Moon』
普段より14%大きく30%明るい満月を見上げながら世の安寧を願わずにはいられません。

More
[PR]
by hammer0011 | 2011-03-20 01:30 | Comments(0)

「慣れ」と「麻痺」

適切な対処をする為に必要なのは「慣れ」
適切な対処を送らせてしまうのは「麻痺」

緊張を維持する事は難しいので適度に慣れる事は必要。
しかしながら継続する緊張に麻痺してしまう事は危険。


大きく変わってしまったこの世界で重要な心構えだと思います。
[PR]
by hammer0011 | 2011-03-15 01:30 | Comments(0)

無題

悪夢のような『東北地方太平洋沖地震』から3日。
自分で想像していた以上に今回の地震から受けた衝撃は大きかった様です。

写真が撮れません。

自粛などという殊勝な気持ちではなく今は以前の様に無邪気に写真を撮る気にならないのです。

圧倒的な自然災害の前には個人のちっぽけな多幸感は何の役にも立ちません。
絶望的な状況下では安っぽく軽薄な慰めの言葉は一時の癒しにすらなりません。
そんな中でどうやって写真に向き合えば良いのか、わからないのです。

答えはしばらく出ないかもしれません。
それでもしっかりと自分なりに考えてみたいと思います。


来週が今週よりも良い週である事を願いつつ。
おやすみなさい。
[PR]
by hammer0011 | 2011-03-13 23:20 | Comments(2)