Hammer's-Photo/日々雑観

<   2015年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

LUMIX G6 購入

b0106800_16514768.jpg
Panasonic LUMIX DMC-G6

G7発売後しばらくして中古価格が下がった機会に購入しました。


G6は外装の形状や素材が今までのGシリーズから大きく変わってしまったのと液晶ファインダーの不評からカメラとしては不人気だったのですが、動画撮影目的での使用に関しては機能性能に対するコストパフォーマンスの良さから一定の評価を得ていた様です。
その後高倍率ズームレンズセットの価格がレンズのみ購入した場合の価格より安くなった為にレンズ目的で購入後カメラ本体を売ってしまうケースが増え、現在販売されている中古のG6のほとんどがこのパターンで出回っていると言っても過言ではありません。

で、今回購入したG6なのですが中古とは言えレンズセット購入後すぐにボディだけ売られたと思われるものなので実質新品。総シャッター数もファイル上では30回カメラ内の記録では70回程度。やはり前ユーザーはレンズ目的で購入後すぐにこのG6を手放したようです。


しかしG6はその不人気さ程に悪いカメラという訳ではありません。
(もっともGF1との比較ならば大抵の機種に不満を感じる事はないでしょう)

不評だった形状と素材ですが普段持ち歩くには出っ張りが無く素っ気ない樹脂ボディはちょうど良く肩の力を抜く事が出来ます。m4/3規格の良さはそれが全てではないとはしても「気軽さ・気楽さ」にあると思います。その点では個人的にOM-DよりもG6の方が理想的です。
ファインダーはMFを追い込むには絶望的な見にくさですが晴天時の構図確認用として割り切れば問題ありません。

そう、つまり自分はG6をファインダーレス機の延長線上としての使用を想定しているのです。
本末転倒ではありますが液晶ファインダーにさえ期待をしなければG6は良い買物と言えるでしょう。
もちろん不満な点が無いわけではありませんがその辺を理解しつつ上手く付き合って行こうと思います。


追記
そんな自分にも納得出来ない点がひとつ。
右親指で操作するダイヤルの位置なのですがもっと背面寄りに設定した方が良かったのではないでしょうか。

左側に回転させる時はまだ我慢出来るのですが、右側に回転させる時に加わる力の方向でダイヤルが押されて誤作動してしまいます。ボディの角にあるダイヤルの軸が加えられる力に対して適正な位置に無いのが原因だと思われます。
撮影時にイライラする事も多くこの部分に関してはGF1と比較しても確実に悪くなっています。
親指のダイヤル操作で露出と絞りをスムーズに変更出来るせっかくの便利機能がダイヤル位置の改悪で台無しになってしまっているのは残念です。
[PR]
by hammer0011 | 2015-07-29 20:30 | Comments(0)

夏のポートレート 03

b0106800_14152790.jpg

b0106800_14155340.jpg

『田中優花:2015/07』
[PR]
by hammer0011 | 2015-07-26 08:30 | Comments(0)

夏のポートレート 02

b0106800_1418517.jpg

b0106800_14184692.jpg

『田中優花:2015/07』
[PR]
by hammer0011 | 2015-07-24 20:30 | Comments(0)

夏のポートレート 01

b0106800_1421686.jpg

b0106800_1421378.jpg

『田中優花:2015/07』
[PR]
by hammer0011 | 2015-07-22 20:30 | Comments(0)

夏の始まりとポートレート

b0106800_233943100.jpg
夏らしい風景の中で撮影をして来ました。苦労も多かったのですが楽しかったです。
[PR]
by hammer0011 | 2015-07-19 23:30 | Comments(0)

購入検討に関する覚書

最近ポートレート撮影を再開して「現在の自分の状態と非常にバランスが良いm4/3機材」という事を改めて感じます。ではm4/3は完璧なのか?といえばそうではありません。それでも個人的には小型軽量な事によって撮影者・モデル・周辺環境、それぞれに不必要な負担を掛けずに撮影出来るというのはやはり何よりも大きな利点なのです。


現在使用するボディはパナソニックのGF1とオリンパスのE-PL2という今となっては旧製品の機種。
もちろん愛着や慣れで使い続けているという事は否定しませんが、それでも使い方によっては十分現役で使う事が出来る機種です。しかしながら所有するGF1はシャッター不調持ちという事もあり、少し前から「もうひとつ何かボディを追加したい」と考えておりました。


で、購入候補として選択したのが・・・

『LUMIX DMC-G6』

色々と悩んだのですが結局「GF1を併用」する点を重視してみました。
残念ながら製造終了品の為に流通在庫か中古を選択するしか無いのですが、幸い(?)レンズセットのレンズ目当て購入組がボディだけ手放す事が多く中古に関しては未使用同等品が比較的手に入れ易い様です。

長所短所ある機種ではありますがその辺も理解した上で早速購入検討に入ります。
[PR]
by hammer0011 | 2015-07-12 20:30 | Comments(0)

雑観のような覚書

自分はプロでは無いし誰かの元で修行した訳でも無いのでので「師匠」と呼べる様な人物はおりません。しかしそれでも思考や行動規範の面において影響を受けたと言える人物は大勢います。

そんな中のある方が「決められた予算の割振りで機材に重点を置くと撮影が疎かになる」と語っておられました。

簡単に言えば「カメラやレンズで予算を使い果たさないでモデル撮影や撮影旅行などの実撮影にもっと予算を振り分けた方が良いんじゃない?」という事。もちろん予算が潤沢ならばどちらも両立可能なのかもしれませんが、そうでは無い場合は「poorな予算でrichな撮影」を心掛ける方が撮影趣味は充実するのではないかという考え方。

自分の中の撮影テーマに「ポートレート」が追加されて以降の自身の基本的な立ち位置がこれです。
そして実撮影で機材の要不要を見極めて選択選別すれば本当に必要なモノが見えて来ます。

「撮影のテーマやスタイル」「気力と体力」「予算と時間」
それらのバランスを考えながら可能な限りrichな撮影を考える。

個人的にはこれでデジタル・銀塩含めて結構な機材整理を行いました。
もちろん必然的に欲しいモノも見えて来てしまうのですが以前に比べると「機材所有欲」に左右される事は少なくなった様に思います。
[PR]
by hammer0011 | 2015-07-05 20:30 | Comments(0)