Hammer's-Photo/日々雑観

タグ:瑞光道場 ( 9 ) タグの人気記事

『2011年前期・瑞光道場/伊藤道場』受講

『瑞光道場ポートレート組』が装い新たに『瑞光道場/伊藤道場』としてスタート。
昨年暮れから間を空けて2回目の伊藤師範の講座受講となります。

今回から3ヶ月6回(撮影実習2回)コースとなり以前にも増して凝縮されハードな日程となりました。
スケジュールも内容もかなりタイトなので受講者の自主性や自己努力がより必要かもしれません。
その分だけ新規参加者にとってはハードルが少し高めになった様な印象を受けました。

今更ながらに6ヶ月12回講座というのはかなり有意義で贅沢な経験だったのだなと思います。
[PR]
by hammer0011 | 2011-05-21 22:30 | Comments(0)

新宿西口三井ビル/瑞光道場修了

b0106800_2182258.jpg
(2010/10/GF1+ZD9-18mm/RAW現像後に画像調整)
こちらでの報告が滞ったまま先日全12回・半年間の瑞光道場の受講を修了致しました。
オリンパス・アップル・エプソン、各メーカーの当講座担当者の方々に改めて感謝です。

More
[PR]
by hammer0011 | 2010-10-04 01:30 | Comments(0)

しあわせのかたち/未整理雑記

最近更新が無いのでメモ代わりの下書きをそのまま投稿。



現在受講中の『瑞光道場』は既存の写真講座とは違い撮影後の積極的な画像処理を
機材や被写体の選択と同様に作品制作の一手段として肯定的に捉えている。

完成作品至上主義・職業写真家的手法と思考法を組み込んだその講義内容は
元データ至上主義・古典的写真趣味へのアンチテーゼとしての側面を考慮しても余りあるもの

『ミスをカバーする為のレタッチ技術』ではなく
『作品を表現を強化する為の手段』


カメラやレンズを楽しむのも写真趣味の醍醐味であり
デジタルの特性を活用した作品作りもまた広義的写真趣味である。
後処理を全否定するのではなく、大切なのは『さじ加減』

※報道や学術写真などにおいてはこの限りではない。





写真家というより技術者。
日本人は機材の話はするが哲学が無いらしい。

もちろんそんな気質こそ日本がカメラ大国となる基礎になった事は間違いないのですが。





『写真が趣味です』という曖昧な言葉。

・・・でも本当に好きなのは

街だったり、山だったり、海だったり、空だったり、雲だったり、
人とのコミュニケーションだったり、犬だったり、猫だったり、
スポーツする事だったり、スポーツ観る事だったり、
家族だったり、恋人だったり、


カメラだったり、レンズだったり、現像だったり、プリントだったり、
撮り歩く事だったり、機材を集める事だったり、

それぞれの好きな事がなければ写真趣味は成立しない。
それを共有したいと思わなければ写真趣味は閉塞して行く。


ならば今、自分は何が好きで、何を共有しようとしているのだろうか?
残念ながら最近の自分にはその根幹的動機となるモノが見当たりません・・・

だから現在の自分は『写真が趣味です』とは到底言えない状態でもあります。





黄昏の4/3規格・・・という事実を否定出来ない現状。
オリンパス4/3システムは沈み行く泥舟なのか?

答えは多分『YES』

統一感に欠ける4/3のラインナップに加え、身内殺しのm4/3の登場。
そしてE-30の登場とE-400&500系の廃止によって完全に潰えた
オリンパスらしさを感じさせる様な小型高級一眼レフ機開発への期待。

個人的にはここ数年で機材関連は割とCOOLな付き合い方になって来ました。
何と言うか『ポリシーあるノンポリ』状態 (意味不明・笑)
E-3の購入もそれ程アツい理由は無く、ただひたすら便宜的な選択だったので
個人的には4/3の現状に対しても悲壮感・焦燥感といった感情とは無縁。


それでも今後は現在主力商品であるm4/3で同じ轍を踏まない様に願うばかりです。






あっ、いや、文章にするとこんなではありますが、それなりに元気に過ごしてますよー!


やふー!
ひーはー!
いぴかいやー!

ねっ、ねっ、ほらほらこんなに元気ですよー!
本当なんですってばー!ご安心ください!


早く涼しくなーれ!
[PR]
by hammer0011 | 2010-09-02 15:00 | Comments(4)

真夏の近況報告

梅雨もとっくに開け、世間はすっかり夏休みモード。
かなーり御無沙汰になってしまっている更新です。

その後『瑞光道場』の方も順調に回を重ね、予定されている講義の半分を終えました。
個人的なポートレート撮影の方はあまりの暑さの為に現在は休止状態ですが
過去の撮影データを使用して道場で学んだ手法を涼しい室内で色々と試しております。




前回の記事が「どしたの?」的な内要なので心配してくれた方もおりました。
大丈夫、私は元気です。

・・・と、何だかどこかの魔女の様な近況報告(笑)

最近の酷暑に心底ウンザリしてしまってはいるものの
別にこの世界に絶望したり儚んだりしちゃっているわけでも無く・・・
純粋に「更新をさぼっている」状態が続いているだけです。

画像が無い記事が長く続き、ますます雑記帳風味全開の当ブログですが
今の管理人の気分が率直に反映されている証拠でもありますのでどうか御勘弁を。

涼しくなる頃にはきっとまた、写欲も戻ってくる事でしょう。
[PR]
by hammer0011 | 2010-07-25 01:00 | Comments(4)

梅雨・初夏・写欲減退

今年もまた暑くなり、写欲減退期の到来です。
最近はそうでなくても撮影ジャンルを固定してしまっているので
スナップ的な撮影を全くしておりません。

ここ2週間は枚数自体それほど撮っていません・・・というか、ほぼゼロです。
そろそろ撮る人に戻りたい気持ちはあるのですがどうしたものか・・・

つらつらと雑記
[PR]
by hammer0011 | 2010-06-20 00:30 | Comments(6)

『瑞光道場/04回目』

先日6/5に行われたZ道場P組・4回目は実際にモデルさんを撮影する実技講習。
オリンパスの自社スタジオでモデルさんと1対1の撮影。持ち時間は5分間×2回。

受講生たちが交互に撮影していく中で被写体に対するアプローチの方法を的確にアドバイスする師範。
参加者にとっては各人の撮影はもちろん、ちょっとした雑談すらも含めた全ての時間が貴重な体験。

もちろんZDレンズの貸出しもあり普段は手にする機会のないレンズを使う事も出来ました。
気になるレンズを同条件で使用して実際の撮影に臨める贅沢。なんと素晴らしい。


個人的には 14-35mm/F2 がとても使い易かったのですが価格を考えると簡単には手が出せません。
比較してしまうと多少見劣りはするものの12-60mm/F2.8-4 がとりあえず現実的な選択でしょう。
現行ZDレンズにおいて気がついたのは総じて後発のSWDレンズの使い勝手の方が良いという事。
AFスピードの早さはもちろん、その後のMFでの微調整の感触の良さもSWDに軍配が上がります。
各々の好みもあるとは思いますが自分が購入する際には可能な限りSWDレンズを選択すると思います。



そんなこんなで、緊張しつつも撮影を楽しめたのは多少ながらも個人撮影の経験があったからこそ。
しかしそれ自体に懐疑的になっての道場参加だった訳ですから、その先を意識しなければ無意味です。

破綻する事なく無難に終わった感のある自分の撮影。
初めての撮影場所・初対面のモデルさんだったとはいえもう少し何かできたはずという不完全燃焼感。
今回の実習で感じ学んだいくつかの個人的な課題は次回以降に活かしたいと思います。
[PR]
by hammer0011 | 2010-06-06 00:30 | Comments(0)

『瑞光道場/03回目』

Z道場P組の講座、3回目。
本来のスケジュールではApple銀座にて実技講義のはずでしたが
話題のiPadの発売が一ヶ月遅れた為に今回は会場が使用出来ず・・・
前2回と同じ小川町のオリンパスにて講義が行われました。
(その為に今後のスケジュールにも多少の変更がある様です)

今回は各自が前回提出した作品を見ながら各写真の感想を述べ、
その後師範がそれらのデータを自身の解釈でメイクアップした作品と比較。
作品制作においてのイメージの仕方のヒントや具体例を交えつつ
次回の撮影実技以降に必要な心構えなどについて学んで行きました。


3回続いた基礎理念講座も今回で一旦終了。
次回はいよいよスタジオでの撮影実技。
以降はここでの撮影データを基に作業を進めて行く事になっております。
[PR]
by hammer0011 | 2010-05-30 00:30 | Comments(0)

『瑞光道場/02回目』

さて、前回から一ヶ月空けた5/22(土)にZ道場P組・第二回目の講座がありました。

今回は前回に引続き基礎講座的な内容と、課題であった自作2点の提出。
自分の作品の方向性を考慮しつつ多面的な批評を期待して出来るだけ系統の違うモノを選択。
三回目にはこの作品をもとに講義が行われ、撮影実技講座に向けた内容となって行きます。


半年に渡る本講座の特徴としては撮影自体の他に、撮影画像を作品として仕上げる際に必要な
『技術論優先とは違った方向からのアプローチ』の仕方やヒントが多く語られます。
個人的には非常に有意義な内容で満足しておりますが人によっては難解・退屈と感じてしまうかもしれません。
レッスンプロが教える撮影会とは違う、少しとんがった講座・・・といった感じでしょうか。
その辺で好き嫌いがハッキリ分かれそうです。

もちろん初心者(上から目線で嫌いな言い方)にとっても興味深い内容ではありますが
ある程度の撮影や画像処理の経験があった方が、より有意義に感じられる講座かもしれません。
[PR]
by hammer0011 | 2010-05-23 00:30 | Comments(0)

『瑞光道場』

現在『瑞光道場/ポートレート編(Z道場P組)』に参加しております。
今春はEOS 5Dに外部ストロボを買うつもりでしたが、その分の予算で講座の受講を決意。
昨年からの1年間とはまた少し違う方向でポートレートの経験値を上げられたらと考えました。

ところで・・・
[PR]
by hammer0011 | 2010-04-25 00:30 | Comments(4)