Hammer's-Photo/日々雑観

タグ:雑記 ( 295 ) タグの人気記事

今更ながら『LUMIX G8』について。

b0106800_19481366.jpg


購入理由
・ポートレート撮影時、GX7MK2に感じる不足分を補う。
・画像データがGX7MK2と同じなので併用が簡便。
・防塵防滴とバッテリーグリップ。

G6に比べてボタンやダイヤルの位置が随分と使い易く好印象。やはりカメラは使ってみないと分らないものです。
G8のデザインは正直好みでは無かったのですがバッテリーグリップを付けると印象が随分と変わります。

実は訳あってポートレート撮影からは少し離れてしまって・・・それでもG8はよく持出します。
普段持ち歩くにはGX7MK2。撮る為に出る時にはG8。もちろん余裕がある時には両方で。
あ、それと雨の時にはG8の一択です。もちろんレンズは ZD14-54/2.8-3.5Ⅱ + MMF3。

LEICAの8-18mmや12-60mmなんかも機会があれば使ってみたいのですが今現在の写真趣味濃度を考えたら現状の所有レンズ構成でも全く不便や不満はありません。




[PR]
by hammer0011 | 2017-11-11 10:00 | Comments(0)

2049

b0106800_09462113.jpg
『ブレードランナー2049』を鑑賞して来ました。




More
[PR]
by hammer0011 | 2017-11-04 10:00 | Comments(0)

Dream of Electric Sheep

b0106800_11345677.jpg
人はなぜ思い出を美しいままにしておけないのだろうか?



[PR]
by hammer0011 | 2017-10-08 12:00 | Comments(0)

J.F.Sebastian in 2017

b0106800_11434448.jpg
TAKAGI type M2019 WaterBlaster with INNOCENTIA


2017年のJ.F.セバスチャンたちはどんな夢を見るのだろうか?




[PR]
by hammer0011 | 2017-08-01 12:00 | Comments(0)

2016年 初夏

ブログというものを始めてから10年が経ちます。

前回の記事が夏だったので随分と間が開きました。
公私共に良い具合に枯れて来た当ブログ管理人のHammerです。



個人的にはこの数年間で周囲の様々な事が変わりました。

楽しい事や嬉しい事。さみしい事や悲しい事。
良い事も悪い事も人並みにやって来ては去って行きました。

そんな毎日を相変わらずですが坦々と過ごしております。
これからも引き続き様々な事が起こり過ぎて行くのでしょう。

日常は続くのです。
人生が終わるその時まで止まる事無く続くのです。

人生を季節に例えるならば、
過ぎて行った春を懐かしみ、終わった夏を眩しく思いつつ
今はこれから先に待っている秋冬の訪れに期待し胸躍らせております。





Hammer
[PR]
by hammer0011 | 2016-06-01 20:00 | Comments(0)

購入検討に関する覚書

最近ポートレート撮影を再開して「現在の自分の状態と非常にバランスが良いm4/3機材」という事を改めて感じます。ではm4/3は完璧なのか?といえばそうではありません。それでも個人的には小型軽量な事によって撮影者・モデル・周辺環境、それぞれに不必要な負担を掛けずに撮影出来るというのはやはり何よりも大きな利点なのです。


現在使用するボディはパナソニックのGF1とオリンパスのE-PL2という今となっては旧製品の機種。
もちろん愛着や慣れで使い続けているという事は否定しませんが、それでも使い方によっては十分現役で使う事が出来る機種です。しかしながら所有するGF1はシャッター不調持ちという事もあり、少し前から「もうひとつ何かボディを追加したい」と考えておりました。


で、購入候補として選択したのが・・・

『LUMIX DMC-G6』

色々と悩んだのですが結局「GF1を併用」する点を重視してみました。
残念ながら製造終了品の為に流通在庫か中古を選択するしか無いのですが、幸い(?)レンズセットのレンズ目当て購入組がボディだけ手放す事が多く中古に関しては未使用同等品が比較的手に入れ易い様です。

長所短所ある機種ではありますがその辺も理解した上で早速購入検討に入ります。
[PR]
by hammer0011 | 2015-07-12 20:30 | Comments(0)

雑観のような覚書

自分はプロでは無いし誰かの元で修行した訳でも無いのでので「師匠」と呼べる様な人物はおりません。しかしそれでも思考や行動規範の面において影響を受けたと言える人物は大勢います。

そんな中のある方が「決められた予算の割振りで機材に重点を置くと撮影が疎かになる」と語っておられました。

簡単に言えば「カメラやレンズで予算を使い果たさないでモデル撮影や撮影旅行などの実撮影にもっと予算を振り分けた方が良いんじゃない?」という事。もちろん予算が潤沢ならばどちらも両立可能なのかもしれませんが、そうでは無い場合は「poorな予算でrichな撮影」を心掛ける方が撮影趣味は充実するのではないかという考え方。

自分の中の撮影テーマに「ポートレート」が追加されて以降の自身の基本的な立ち位置がこれです。
そして実撮影で機材の要不要を見極めて選択選別すれば本当に必要なモノが見えて来ます。

「撮影のテーマやスタイル」「気力と体力」「予算と時間」
それらのバランスを考えながら可能な限りrichな撮影を考える。

個人的にはこれでデジタル・銀塩含めて結構な機材整理を行いました。
もちろん必然的に欲しいモノも見えて来てしまうのですが以前に比べると「機材所有欲」に左右される事は少なくなった様に思います。
[PR]
by hammer0011 | 2015-07-05 20:30 | Comments(0)

「偏愛」は散財の母だが「進歩」に繋がるとは限らない

b0106800_9212143.jpg


今年に入ってから色違いのE-PL2を中古ですが追加購入しました。
改めて考えると1号機(?)購入からもう4年・・・

現在は黒とシャンパンゴールド(と言ってもシルバーに近い色味です)を併用中。
当初否定的だった操作系ですが慣れてしまえばそれが「普通」になってしまうもの。
そして使用機材間で操作方法が統一されるという事は色々と楽なのです。

とは言え今までサブ機として使っていたGF1も6年目になりますが継続使用しております。
個人的にはこの辺のm4/3の機種のデザインと大きさが好きなので仕方ありません。
[PR]
by hammer0011 | 2015-05-02 08:30 | Comments(0)

岐路(あるいは"人生においての初秋"について)

b0106800_7503611.jpg
E-PL2 + ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ

人生の四季が秋へと移り変わって行きます。
[PR]
by hammer0011 | 2015-05-01 08:30 | Comments(0)

『ゼロ・グラビティ/GRAVITY』感想

『ゼロ・グラビティ』は公開したら絶対に観ようと決めていた映画です。
この作品の監督が以前に撮った『トゥモロー・ワールド』が大好きなので期待しておりました。

で、ネタバレ回避しつつこの映画を語るならば・・・

「3D版を、出来る限り大きな劇場で、可能ならばIMAXで観る事をお勧めします」

感想は人それぞれですが間違いなく3D映画の傑作として今後語られていく作品だと思います。
多少技術偏重気味で映画としての力は少し弱くアトラクション要素の強い作品ではありますが
些細な事は気にせず「本物とは根本的に違う仮想のリアル体験」として楽しむのが正解でしょう。


原題は『GRAVITY』なのですが分かり易さ優先の邦題は『ゼロ・グラビティ』となっています。
しかしどちらかと言えばやはり原題の方がこの作品の精神を純粋に表現している様に感じました。
おそらくこの作品を観た方の多くもそう感じる事でしょう。


以下に公式HPのリンクを貼りましたが鑑賞予定の方は全ての情報を遮断した方が良いでしょう。

映画『ゼロ・グラビティ』公式HP
[PR]
by hammer0011 | 2013-12-27 00:30 | Comments(1)