Hammer's-Photo/日々雑観

タグ:雑記 ( 291 ) タグの人気記事

責任と言うより覚悟かもしれない。

b0106800_0295527.jpg


ポートレート撮影においてはモデルさんを最後まで撮るという責任がある。
例え心折れてしまう様な状況下にあっても投げ出さずに撮るという責任がある。

この「責任」とは可能な限り優先すべき最低限の「覚悟」かもしれない。
そうでなければ撮る資格は無く、そうでなければ撮る必要も無い。


これが今年の撮影講習においての反省点であり、今年学んだ今後の姿勢。
[PR]
by hammer0011 | 2011-11-28 00:00 | Comments(2)

散漫な自分がポートレート撮影を続ける理由。

自分の在り方で相手が変わる面白さ。
モデルさんの素に近い部分が撮れた様に感じられた時の達成感。
これには自己満足要素も含まれますが、きっとそれでも良いんです。
[PR]
by hammer0011 | 2011-11-16 11:53 | Comments(0)

雑記「講習等を経ての現状」と「今後の方向性」の確認

そろそろ『スタンドアローン状態』に入る準備。

何らかのカタチで女性を被写体にした個展を意識したい。
私小説的なスキャンダラスなモノではなく、もう少し理性的ながら退屈でないモノ。



まずは備忘録的雑記で「現状と今後」を確認

現状
・撮影およびプリントは何とか及第点には届いていると思う。
・モデル撮影の経験値は確実に上がって来ているものの画面細部まで把握した撮影にはまだ遠い。
・画像のモノクロ化とモノクロプリントに関しては自分なりの流れが構築されつつある。

今後
・プリント時に多くのパターンを用意出来る多様な構成を意識した撮影。
・モデル撮影における諸々の経験値獲得の継続。
・カテゴリーとして「モノクロポートレート」の確立をより明確に意識する。



モノクロポートレートは以前から意識的に撮って来たのでもう少し煮詰めて行く。
出来ればカラーと二部構成か同時展示の様な方向性を考えています。
そうなるとモノクロと対にするカラーは色も構成も少しポップ寄りな方向を意識すべきか・・・

全体的に「素描」は見えて来ているので後はそこを目指して具体的に撮って行こう。
[PR]
by hammer0011 | 2011-10-16 23:30 | Comments(2)

雑記/肯定・スタンドアローン

今回は自己流を封印し覚悟して挑んだポートレート撮影講座。
講座における複数中規模人数でのモデル撮影という事もあり制限や制約も多いのですが
ここ数年来の自己流ペースに喝を入れる様な新鮮で非常に良い刺激になっております。
自己満足で終わりがちな作品を複数人数の眼によってリアルタイムで講評されるという経験も
普段ひとりで撮影しているだけでは得られない貴重なヒントを得る機会となります。

しかしどちらかと言えばサークル的にワイワイ撮るのはやはり苦手な方です。
そんな中でも「声(意見や態度の意を含む)」の大きな人の我が通るのを見るのが特に嫌いです。

もちろんこういった「我の通し方」も重要かつ必要な獲得要素ではあります。
しかしながらここでもやはり持論は「良い写真を撮る人が良い人とは限らない」なのです。
個人的にはスナップ等含む撮影全般に対して抑制的思考(嗜好)の強い傾向があるので
その辺で感情の折合いの付け方自体が自分のスタイル確立への道なのかなとも思っております。


講座はいわば独りで撮れる様になる為に経験値を獲得する場。
時に「愉快」を反省し、「不快」から学ぶ。
そして最後はやっぱり「撮るなら独りで」。

自分にとってのポートレート撮影とはそういうものなのです。きっと。
[PR]
by hammer0011 | 2011-10-02 15:30 | Comments(0)

2011年 残暑晩夏/近況報告

今年の夏、O社の革新的撮影講座であった「瑞光道場」が廃止されました。
残念ながら「お金にならない事は継続出来ない」という純粋な経営的判断だった様子。
今後は他社基準に合わせた「優等生的な講座とネット添削」のみ・・・

次期瑞光道場参加に期待して経験値UPを目的に「撮影講座 EP1&2」を受講中ですが
これを区切りとして昨年から継続中の集中的受講期間を一時終了にする予定です。



もちろんどちらの講座も得る物が多く有意義ではありますが・・・
結局はその得た物をどのように活かすのか?に尽きると思うのです。
本年末から来年にかけて少しその辺を具体的に意識しつつ個人的な撮影を再開。
以前からの目標でもある「何らかのカタチに昇華」出来ればと考えております。
[PR]
by hammer0011 | 2011-09-19 00:48 | Comments(0)

2011年夏/近況報告


震災以降、色んな事に懐疑的になったり否定的になったりしつつも
基本は楽天的でケセラセラで相変わらずの平々凡々な日常を謳歌しております。


そうこうしてる間に暦は8月となり毎年恒例の写欲減退期に突入。
ブログも更新を滞ってから3ヶ月近くが経過。
それでも一応、撮影は甥姪たちを中心に家族写真的なスナップをメインに継続中。
作品の方向性も今イチどこへ向かっているのか自分で分からないながらも模索中。

簡単に言えば『まぁ普段通りなので安心して下さい』って事です。
[PR]
by hammer0011 | 2011-08-01 23:45 | Comments(2)

CP+に行って来ました/05

b0106800_1391013.jpg

ペンタックスはお馴染みのカラーバリエーションを全面に押し出した展示。

More
[PR]
by hammer0011 | 2011-02-11 13:00 | Comments(0)

CP+に行って来ました/04

b0106800_3292988.jpg
富士フイルム FinePix X100は良くも悪くも『重厚な軽薄』
初心貫徹で雨後の筍のように安易な派生廉価モデルの追加だけは避けて頂きたい。

製品の付加価値とは必ずしも「品質と価格の高さ」だけでは維持して行く事は出来ません。
ユーザーへの配慮として積極的なファームアップによる機能追加や使用感の随時向上などの
細やかな対応で購入直後から始まる製品の陳腐化を抑止する為のメーカー努力に期待します。

More
[PR]
by hammer0011 | 2011-02-11 12:30 | Comments(0)

CP+に行って来ました/03

b0106800_1473456.jpg
マウントアダプターを使用してのNEX-3とNOKTON40mmF1.4の組み合せ(コシナのブースに展示)
NEXは最近のミラーレス機ドレスアップ系的な遊び方の中心的機種になっています。
αEマウントシステムは本体の小型軽量さほどにはレンズを小さくは出来ないという話もあり
その辺をマウントアダプターがフォローしているといった現状もある様です。

純正で有る無しに関係なくレンズの選択肢が多いのはユーザーにとって魅力的な事だと思います。



b0106800_1475789.jpg
NEX + SIGMA30mmF2.8

b0106800_1481889.jpg
NEX + TAMRON18-270mm


両メーカー共にソニーのブースでの展示。
ソニー公式製品発表では無くEマウントの基本仕様無償開示に応えてメーカーから出された展示用サンプル。
タムロンの場合はミラーレス専用設計ではなく現行品をマウントアダプターにて装着したもの。
具体的な製品の提示はもう少し先になると言う事でした。
もっとも純正レンズはタムロン製らしいので純粋な新規参入組では無い様ですが・・・
[PR]
by hammer0011 | 2011-02-11 01:30 | Comments(0)

CP+に行って来ました/02

b0106800_1261111.jpg
リコーGXR用ユニットで参考出品のMレンズ対応マウントユニット。


b0106800_1263841.jpg
現在発売中の単焦点2、ズーム2の合計4ユニット。


新規発表機種で発売当初からこれだけのラインナップを用意するのは難しかったかもしれませんが
正否を問わず出し惜しみ無く、製品を集中的に投入して市場の淘汰に任せる事が必要だったのでは?
少なくとも発表前後でユーザーに期待をさせる何らかの仕掛けは欲しかった気がします。
何はともあれ新規システムとしてのGXRはようやくスタート位置に着いた印象を受けました。
[PR]
by hammer0011 | 2011-02-11 01:00 | Comments(0)