Hammer's-Photo/日々雑観

タグ:魚眼 ( 13 ) タグの人気記事

魚眼でポートレート撮影

b0106800_0475518.jpg

『田中優花:2015/06』E-PL2 + BCL-0980 撮影画像をトリミング
フィッシュアイボディーキャップレンズ『 BCL-0980』を使ったポートレートの習作。

このレンズは本格的な魚眼レンズでは無い分だけ実はとても使い易いのかもしれません。
今後のポートレート撮影時にも積極的に使ってみようと思います。
[PR]
by hammer0011 | 2015-06-28 08:30 | Comments(0)

BCL-0980/ミニチュア習作+湾曲調整

b0106800_932385.jpg
E-PL2 + BCL-0980 /ミニチュアモード使用
魚眼とミニチュア風画像は視覚効果的に相性が良いみたいです。

そしてもうひとつ。ユーザー間では既にメジャーな方法ではありますが・・・
E-PL2付属のソフトOLYMPUS Viewer2で「歪み補正」をかける事により魚眼を修正出来ます。
b0106800_141136.jpg

b0106800_14113687.jpg

b0106800_1412329.jpg

上)オリジナル/8mm魚眼
中)オリジナルに歪み補正-100
下)歪み補正-100に-65追加補正


b0106800_14285178.jpg

歪み補正を手動で-165かけると普通の広角レンズ並みの湾曲まで補正出来る様です。
周辺部の画質はヘロヘロですが理解した上で使えばなかなか面白いのではないでしょうか。



このボディキャップレンズは正規(?)広角レンズと比較してしまえば画質的に劣るのかもしれません。
しかし気負わなくて良い分「気軽で楽しい(楽しめる)レンズ」である事は間違いないと思います。
どんなレンズやカメラでも、基本は「楽しんだ者の勝ち」なのです。
[PR]
by hammer0011 | 2015-05-05 08:30 | Comments(0)

OLYMPUS BCL-0980/試用

b0106800_20444841.jpg
E-PL2 + BCL-0980
雨の夕方、魚眼の聖地。
フィッシュアイボディーキャップレンズ/9mm F8.0 Fisheyeを使って撮影してみました。

参考程度の試用撮影ですが・・・
[PR]
by hammer0011 | 2014-03-05 21:15 | Comments(0)

2014 春/購入備忘録

b0106800_23285750.jpg
E-PL2 + BCL-0980
フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 (9mm F8.0 Fisheye)にて撮影。

オリンパスの新製品。
ボディ本体や新レンズには手が出せなかったのでボディーキャップレンズを逃避購入。
ほんの少しだけ屋外撮影しましたが想像していた以上にちゃんと写ります。
自分の所有機材的にはLOREO LENS IN A CAPなんかが比較対象なのであまり参考にはなりませんが・・・

まぁバリバリの本気レンズと比べる事自体がナンセンスな製品なのでコレはコレで楽しむのが正解。
BCL-0980だけで魚眼映えする被写体を探すだけの撮影も楽しいかもしれません。

あと、レンズバリアの固定が甘く鞄の中などで開いてしまいそうな気もします。
そのためにもMFレバーの抵抗はもう少し強めでも良いのかなと感じました。
[PR]
by hammer0011 | 2014-03-01 00:00 | Comments(0)

burn!

b0106800_0141150.jpg
Canon EOS 20D + SIGMA 8mm F3.5 EX DG CIRCULAR FISHEYE
Aperture2.0/Photoshopにて調整・リサイズ
[PR]
by hammer0011 | 2008-08-20 00:30 | Comments(0)

いよいよフルサイズ環境構築・・・・・か?

b0106800_23153360.jpg

SIGMA 8mm F3.5 EX DG CIRCULAR FISHEYEにて撮影。
やはりこのレンズはフルサイズでこそ真価を発揮する様です。



週末『EOS 5 QD』を手に入れました。
「EOS 5D」ではなく銀塩カメラの「EOS 5」です。

円周魚眼を銀塩(35mmサイズ)で使用してみようと考え
とりあえず1万円以下の中古カメラの中から選択購入。

発売から15年経過しているとはいえスペックから考えたら格安です。
(もちろん個体によっては経年劣化が進んでいるモノも多数)
新規にシグマのAPS-Cデジタル専用魚眼レンズを購入するよりは
かなり現実的な選択だったと思います。


EFマウント対応でデジタル専用ではないレンズならばそのまま使用可能なので
当面はフルサイズ対応(笑)サブカメラとして活躍してくれそうです。

EF50/1.8
EF24-105/4L
EF200/2.8L
SIGMA 8/3.5
以上の所有レンズが使用可能なので困る事もありません。
b0106800_23173931.jpg

Canon EOS5 QD + SIGMA 8mm F3.5 EX DG CIRCULAR FISHEYE
Nikon COOLSCAN V ED にてスキャン/Photoshop にて調整・リサイズ
SUPERIA Venus 400 (上下2枚とも)
[PR]
by hammer0011 | 2007-11-20 00:00 | Comments(6)

葛西臨海公園・水族館

b0106800_1041556.jpg

Canon EOS 20D + SIGMA 8mm F3.5 EX DG CIRCULAR FISHEYE
『ペンギン様御近影』/PhotoshopElementsにて調整・リサイズ

電車を利用すれば自宅から2時間弱で行ける場所なのですが、
明石町・聖路加ガーデン前より東京水辺ラインに乗船。
のんびりと葛西臨海公園へ向かいました。
(聖路加ガーデン内に売店や薬局有り/酔い止め等も購入可能)



今回の主要目的は・・・
1)パノラマ用の素材画像の撮影
2)水族館で8mm魚眼レンズを使用

この日は天候には恵まれなかったのですが、まずまずの成果。
また日を改めて青空や夕景も撮りに行きたいと思います。



QTVRパノラマはHPの『Gallery』にて公開中です。
今回撮影して来たパノラマ画像も追加投稿しました。
[PR]
by hammer0011 | 2007-11-04 00:00 | Comments(2)

HDRsoft『Photomatix』による曇天の習作

b0106800_0122274.jpg

Canon EOS 20D + SIGMA 8mm F3.5 EX DG CIRCULAR FISHEYE

秋晴れとは程遠い残念な空模様ですが、
HDR処理と曇天の相性はなかなかのモノです。
[PR]
by hammer0011 | 2007-11-02 00:00 | Comments(0)

HDRsoft『Photomatix』による逆光の習作

b0106800_10101449.jpg

Canon EOS 20D + SIGMA 8mm F3.5 EX DG CIRCULAR FISHEYE
Photomatixにて合成後、PhotoshopElementsで修正・トリミング

極端な光線状態の画像で『Photomatix』を試してみました。
露出を変えて撮影した3枚(+1.3、0、-1.3)を使用。

やはり1枚のRAWデータを使用するよリも良い結果になる様です。

こうして使ってみると、HDRの技術はQTVR-360°パノラマの様に
「空あり、木陰あり」といった照度差の激しい画面構成に有効なのだと感じます。
パノラマ関連の記事検索で多く見掛ける理由がよく分かりました。
[PR]
by hammer0011 | 2007-10-29 01:00 | Comments(2)

SIGMA 8mm F3.5 EX DG CIRCULAR FISHEYE

b0106800_16113979.jpg


SIGMA 8mm F3.5 EX DG CIRCULAR FISHEYE

180゜の画角のデジタル対応円周魚眼レンズ。
ただしAPS-Cサイズでの使用時には円周画像にはなりません。

昨年発売の比較的特殊な部類のレンズなので
まだ中古を見掛ける機会もほとんど無い製品なのですが・・・

先週末、某店にてEFマウントの中古美品に出会い
これもきっと何かの縁と無理矢理自分に言い聞かせ即購入(笑)

四隅のフチが中途半端ではありますが個人的には無問題。
今回の画像の様にトリミングしてしまえば普通の魚眼レンズ風に使えますし
35mmフルサイズ環境下ならば本来の円周魚眼としての活用可能です。


以前はこんな作品も撮っていました。
ある意味念願叶っての購入なので、これからはメイン機材のひとつとして
しっかりと活用して行けたらと考えております。

ちなみにトリミング無しだと・・・
[PR]
by hammer0011 | 2007-10-24 17:00 | Comments(0)