Hammer's-Photo/日々雑観

タグ:GXR ( 6 ) タグの人気記事

GXR雑感/その後・・・

1年前にこんな記事を書きました。

期待編 その1 その2
失望編 その1 その2


その後売り上げ的には微妙な製品でありながらも販売店から姿を消す事も無く
コアなファンに支えられながら迎える発売1周年(執念?)

ついにGXRユニットに28mmF2.5が登場。

本体とのマッチングも良くこれを最初に出してたらGXRの評価はもっと高かったと思います。
やっとGXRらしいレンズの登場にリコーはこの路線に本気なんだと感じました。

それにしてもリコーに思い入れがある云々言いながら栄光ある人柱になれなかった自分が情けない。
でも正直もうそういうの疲れちゃったんですよね・・・
1年前の残念な気持ちは本心ですし今でも発売開始当初のレンズラインナップは納得出来ません。
当時から開発中であったとしたらこのレンズについては最初期からアナウンスするべきでした。
もしも発売後の反響を見ての泥縄開発だったとしたら今後はもっと頑張って欲しいとも思います。

厳しい言い方をすれば発売後1年でやっとスタートラインに立ったスロースターターのGXR。
通常の製品ならばさすがに型遅れになりかねない危険な状態であってもおかしくありませんが
1年経ってみて撮像素子が時代遅れにならない強みが改めて効いて来ているのかもしれません。
何よりも「売れないからやーめた」と投げ出さなかったリコーは偉かった。

そしてこれだけは・・・
[PR]
by hammer0011 | 2010-11-05 20:00 | Comments(0)

GXR雑感/愛すればこそ・愛あればこそ

先日に引き続き、少しくどいのですがGXRの「残念な今後」への記事となります。
内容は一緒なのですが少し具体的にその「残念な今後」について。


初めて使った一眼レフは『XR500オート』で、その後は『XR-P』を所有。
自宅にあったコンパクトカメラも『RZ-800』というリコーの機種。
その後デジカメは『Caplio RR30』『Caplio G4 wide』『Caplio GX』と使用。

GRDブームの頃にはすでに一眼レフタイプのデジカメシステムの拡充に注力していたので
コンパクト機を購入する機会が無く、しばらくリコーからは遠ざかっておりました。

そして先日、『GXR』の発表。
GXとXRの名前を受け継いだと言うのであれば期待しない方がおかしいです。
本気で購入モードに入り検討した結果
「GXR本体+S10(24-72mm)+VF-2で様子を見て来年以降発売が予想される単焦点待ち」
とかなり具体的に考えていたのですが・・・

『来年5月 28-300mm発売予定』

これはあり得ません。
今回ズーム購入・単焦点などを期待している層、
今回50mmマクロ購入・単焦点などを期待している層、
今回両ユニット購入・今後の動向に期待している層、
どのユーザーにとっても期待はずれなのではないでしょうか?

28-300mm、いわゆる「便利ズーム」を希望する層はGXRユーザー予備軍の何割いるでしょうか?
最初から用意されるかしばらくしてからの販売テコ入れならまだ理解も出来ますが
今後への期待も含めて人柱になる気満々の人々への吉報になると本気で思っているのでしょうか?

少々無礼な内容の文章になってしまいましたが、これも期待が大きかったからこそ。
中途半端なレンズ構成でスタートした為に潜在的ユーザーたちを取り漏らさない様、
しっかりとGXRのレンズユニットの今後を考えていただきたいと思います。
[PR]
by hammer0011 | 2009-11-17 17:00 | Comments(0)

GXR雑感/少し残念・・・

リコー公式ブログ『GR BLOG』の2009/11/16投稿記事『これからのGXR』において、
28-300mm相当・1/2.3型CMOSセンサーを搭載したのズームレンズユニットを
2010年5月頃に発売する予定と公表しております。同社の『CX2』に相当するスペックと考えて良い様です。


年末にGXR+A12・S10を購入する予定のユーザーが、その半年後に希望するユニットは
少なくとも28-300などというモノでは無いと思うのですが・・・
単焦点が50mmマクロのみと言う所もなんだかGRDに気を使っている様にも思えます。
来年前半には広角24・28・35辺りのどれかが用意されていてもおかしくなかったのでは?

自分はユニット交換で複数のコンデジが使用出来るカメラが欲しいわけではありません。
強いて言えばレンズ交換可能なGRDやGRレンズを使えるGX系をイメージしていました。

そんなわけでとても残念ですが「ここは少し様子を見た方が」という気分になりつつあります。
[PR]
by hammer0011 | 2009-11-17 01:00 | Comments(4)

Ricoh GXR /03

b0106800_22382246.jpg
Ricoh Design Exhibition 『in focus』“みる”からはじまるコンセプトデザイン
会期/10月30日(金)ー11月16日(月)
会場/『RING CUBE』
開館時間/11:00ー20:00 (火曜日休館)

展示されているコンセプトデザイン5点の中に気になるモノを発見。

b0106800_22421954.jpg

『GRID』
iPhoneの様な端末にMFレンズ(というかカメラ)が付いたコンセプトデザイン。
もちろん技術的に見てこのデザインをそのままのカタチで製品化する事は不可能なのですが
それでもこのコンセプトを見て「是非GXRユニットへも反影して頂きたい」と感じました。
[PR]
by hammer0011 | 2009-11-14 00:30 | Comments(0)

Ricoh GXR /02

b0106800_21534689.jpg
RICOH 『RING CUBE』でGXRの実機を見て来ました。
GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO & RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4VC

以下雑感。
ネットで見ているよりも野暮ったい感じ(失礼)は少ない様です。
操作感やレスポンスなどは良くも悪くもコンデジ風。

50mmのAFスピードは早くはありませんがマクロレンズのそれと考えれば許容範囲内。
しかしながらピント合わせが素早くて小気味良いレンズを期待している方には向きません。
発売を予定している交換ユニットの具体的なロードマップの発表を一刻も早く行なうべきです。
(ユーザー予備軍の期待する方向性の確認、及び彼らの興味を維持し続ける為にも)


少しの時間でしたが実機を触ってみて「このシステムは面白いかも」と感じました。
マウントアダプター遊びを視野にいれた自分としては『OLYMPUS E-P1、P2』は魅力的ですが
今後のユニット(レンズ、撮像素子)の充実次第では『GXR』も十分ダークホースに成り得ます。

まぁ何だかんだ言っても個人的にはとても気に入ってしまったんですけどね(笑)


b0106800_22115442.jpg
[PR]
by hammer0011 | 2009-11-13 22:30 | Comments(2)

Ricoh GXR

『Ricoh GXR』メーカー製品情報


これは面白いですね。
何より個人的には一眼レフタイプではないものの『XR復活』は非常に感慨深いです。

これが将来的にはレンズと撮像素子部分が別れたりするともっと面白い。
つまり操作部と撮像部とレンズ部を組み合わせ自由な今後のリコーの統一規格にしてしまい
以降発売の後継機も含めて使用目的や予算や好みに応じて様々なカスタマイズが可能とする。

例えば連写や高画素などそれぞれに特化した撮像ユニットとか
手振れ補正機能付きのマクロレンズや超望遠レンズユニットとか
そしてレンズアダプター遊び用のユニットや高性能MFレンズ追加など・・・
旅のお供にGXR(後継機?)と小さいレンズ2~3本とか粋じゃないですか?


妄想ではありますがこんな展開があっても面白いかもしれませんね。
もちろん毎度の事ではありますが、それがメーカーとして儲かるかどうかは別の話です。
今後のスタンダードになり得るシステムなのかと問われれば正直微妙な所ではあります。

でも『今後の可能性を語れるシステムはきっと楽しいシステムである』と思います。
今はまだ「おお」ですが「おお!」が来るその日を信じて、期待して。
[PR]
by hammer0011 | 2009-11-11 00:30 | Comments(6)